売上原価の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では売上原価の取引と仕訳について解説します。

売上原価

売上原価とは販売した製品を表す勘定科目です。製品が販売されると製品勘定が売上原価勘定に振り替えられます

売上原価勘定は費用の勘定科目です。これまで「材料費・労務費・経費」→(製造間接費)→「仕掛品」→「製品」と資産のまま振り替えられてきた勘定がここで費用に振り替えられます。

商業簿記では売上原価への振り替えは決算でしか行いません(仕入勘定を繰越商品勘定に振り替える簿記3級で頻出の仕訳です)。しかし、工業簿記では毎月原価計算を行い、製品に関する記録をタイムリーに行っているため、販売された時点で売上原価勘定に振り替えます。

売上原価の取引と仕訳

製品を売上げた

「700,000円分の製品が950,000円で掛で販売された」場合の取引と仕訳について考えてみましょう。

この販売そのものは商業簿記と同じです。次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 950,000 売上 950,000

次が本題です。製品700,000円分が販売されたので製品勘定を振り替えます。よって『(貸)製品700,000』となります。

次は借方です。販売した製品は売上原価勘定で表すので、『(借)売上原価700,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売上原価 700,000 製品 700,000

2つの仕訳をまとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
売上原価
950,000
700,000
売上
製品
950,000
700,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ