材料消費価格差異

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では材料消費価格差異について解説します。

材料消費価格差異

予定価格法では、予定価格を用いて計算した材料の消費高を仕掛品勘定や製造間接費勘定に振り替えます。

しかし、材料の予定価格と実際価格に違いがある場合(通常はあります)、材料の価格に差が出てきてしまいます。この「材料の予定価格と実際価格の差」については月末に材料消費価格差異という勘定科目を使って振り替えます。

これらの勘定記入の方法は、材料勘定のほかに消費材料勘定を使う方法と使わない方法の2つがあります。

予定価格法における勘定記入(消費材料勘定を使う方法)

消費材料勘定を使う方法では、予定材料消費高を消費材料勘定から仕掛品勘定や製造間接費勘定に振り替えます。そして、月末に材料元帳より実際材料消費高が分かったら、実際材料消費高を材料勘定から消費材料勘定に振り替えます。

これにより消費材料勘定には予定材料消費高が貸方に、実際材料消費高が借方に集計されます。この貸借差額が予定材料消費高と実際材料消費高の差を表します。この差を材料消費価格差異勘定に振り替えます。

言葉だけでは極めて分かりにくいので、「取引→仕訳→T字勘定」という流れで確認します。

予定価格法における勘定記入(消費材料勘定を使う方法)の具体例

材料の購入

「材料300個を1個あたり210円、63,000円を掛で仕入れた」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料63,000円分を仕入れているので『(借)材料63,000』となります。また、掛で仕入れているので『(貸)買掛金63,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
材料 63,000 買掛金 63,000

材料の払出

「材料250個を直接材料として払出した。なお、予定価格は1個あたり200円で材料消費高を計算する(消費材料勘定を使う方法)。」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料250個を1個あたり200円で払出しているので、材料消費高(予定)は(250個×200円=)50,000円となります。50,000円の材料を消費しているので、『(貸)消費材料50,000』となります。

消費材料という勘定科目は消費した材料を表します。倉庫に積まれていてまだ消費されていない材料を表す材料勘定と区別します。

次は借方です。直接材料として払出しているので使用する勘定科目は製造間接費ではなく仕掛品です。『(借)仕掛品50,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品 50,000 消費材料 50,000

実際単価の確定

「上記で払出した材料の実際単価が1個あたり210円だと確定した(消費材料勘定を使う方法)」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料の実際単価が確定したので、材料勘定を消費材料勘定に振り替えます。材料250個を1個あたり210円で払出したので、材料消費高(実際)は(250個×210円=)52,500円となります。

52,500円の材料が実際に消費されているので、52,500円分の材料勘定を消費材料勘定に振り替えます。仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
消費材料 52,500 材料 52,500

実際消費高と予定消費高の差額の処理

「実際消費高と予定消費高の差額を材料消費価格差異勘定に振り替えた」場合の仕訳について考えてみましょう。

現時点で消費材料の残高が貸方に50,000円、借方に52,500円あります。この差額(52,500円-50,000円=)2,500円は予定価格と実際価格の差を表しています。この差額を材料消費価格差異勘定に振り替えます。仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
材料消費価格差異 2,500 消費材料 2,500

ここまでの仕訳をまとめて番号を振ると次のようになります。

  1. (借)材料         63,000/(貸)買掛金  63,000
  2. (借)仕掛品        50,000/(貸)消費材料 50,000
  3. (借)消費材料      52,500/(貸)材料    52,500
  4. (借)材料消費価格差異 2,500/(貸)消費材料  2,500

これらの仕訳をT字勘定で表すと次のようになります。

材料消費価格差異

勘定の流れをきちんと意識して理解しておくことが重要です。

また、消費材料勘定は受入よりも払出の方が時間的に先になっています。この点も意識して理解しておいてください。

予定価格法における勘定記入(消費材料勘定を使わない方法)

消費材料勘定を使わない方法では、予定材料消費高を材料勘定から仕掛品勘定や製造間接費勘定に振り替えます。

このような処理をすることで、実際材料消費高と予定材料消費高の差額は材料勘定に発生します。その実際材料消費高と予定材料消費高の差額を材料勘定から材料消費価格差異勘定に振り替えます。

言葉だけでは極めて分かりにくいので、「取引→仕訳→T字勘定」という流れで確認します。

予定価格法における勘定記入(消費材料勘定を使わない方法)の具体例

材料の購入

「材料300個を1個あたり210円、63,000円を掛で仕入れた」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料63,000円分を仕入れているので『(借)材料63,000』となります。また、掛で仕入れているので『(貸)買掛金63,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
材料 63,000 買掛金 63,000

材料の払出

「材料250個を直接材料として払出した。なお、予定価格は1個あたり200円で材料消費高を計算する(消費材料勘定を使わない方法)。」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料250個を1個あたり200円で払出しているので、材料消費高(予定)は(250個×200円=)50,000円となります。50,000円の材料を消費しているので、『(貸)材料50,000』となります。消費材料という勘定科目は使わないので、材料に関する払出しは全て材料勘定を使います。

次は借方です。直接材料として払出しているので使用する勘定科目は製造間接費ではなく仕掛品です。『(借)仕掛品50,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品 50,000 材料 50,000

実際単価の確定

「上記で払出した材料の実際単価が1個あたり210円だと確定し、(消費材料勘定を使わない方法)実際消費高と予定消費高の差額を材料消費価格差異勘定に振り替えた」場合の仕訳について考えてみましょう。

材料の実際単価が確定したので、材料消費価格差異勘定も確定します。予定消費高が(250個×200円=)50,000円で、実際消費高が(250個×210円=)52,500円です。実際消費高の方が(52,500円-50,000円=)2,500円高くなっています。

この2,500円を材料消費価格差異勘定に振り替えます。予定よりも実際の方が金額が大きいということは、この差は損失(費用)です。この費用を表すのが材料消費価格差異だと考えられるので、材料消費価格差異は借方になります。よって『(借)材料消費価格差異2,500』となります。

次は貸方です。材料勘定の貸借差額を振り替えているので、貸方は材料になります。よって『(貸)材料2,500』となります。仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
材料消費価格差異 2,500 材料 2,500

ここまでの仕訳をまとめて番号を振ると次のようになります。

  1. (借)材料         63,000/(貸)買掛金 63,000
  2. (借)仕掛品       50,000/(貸)材料   50,000
  3. (借)材料消費価格差異 2,500/(貸)材料    2,500

これらの仕訳をT字勘定で表すと次のようになります。

材料消費価格差異

勘定の流れをきちんと意識して理解しておくことが重要です。材料消費価格差異が借方になるのか貸方になるのかが難しいところなので、ここをしっかりと整理しておいてください。

また、次の2点が消費材料勘定を使う方法と消費材料勘定を使わない方法に共通の性質であることも確認しておいてください。

  • 借方が「実際」価格で貸方が「予定」価格となる勘定科目のところで差異が出ること
  • 実際の方が金額が大きい場合は差異が借方に、予定の方が金額が大きい場合は差異が貸方に出ること

これからも工業簿記ではいろいろな差異が出てきます。少しずつ慣れていきましょう。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ