「直接工の賃金」以外の労務費

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では「直接工の賃金」以外の労務費について解説します。

「直接工の賃金」以外の労務費

「直接工の賃金」以外の労務費は全て間接労務費になります。「直接工の賃金」以外の労務費について一つずつ見ていきましょう。

間接工の賃金と給料

直接製品の加工を行わずに、製品を製造する補助的な作業を行う工員のことを間接工といいます。間接工の場合には、直接工のように「直接作業時間」と「直接作業時間以外」に分けて考える必要はありません。直接作業時間がないからです。

というわけで間接工の賃金消費額の計算は、原価計算期間と給与計算期間のズレを調整するだけで求めることができます。次の計算式だけで間接工の賃金消費額は計算できるということです。

賃金消費高=実際支払高+当月未払高-前月未払高

従業員賞与手当

工場の従業員に支払われる賞与(ボーナス)は、期首にその年の支払額を予定し、それを12で割った月割額を毎月末に製造間接費として計上します。実際支払額との間に差額が生じた場合は、決算日に売上原価勘定に振り替えます。

また、通勤手当や住宅手当などの諸手当は、毎月の賃金・給料と一緒に支払われます。これらの諸手当は直接作業に関係がないため、支払われた月の製造間接費として計上します。

法定福利費

工場の従業員の健康保険料や雇用保険料などのうち企業が負担する分を法定福利費といいますが、これらも直接作業に関係がないため製造間接費として計上します。

退職給付引当金繰入

工場の従業員に支払われる退職給付引当金繰入は、期首にその期間の繰入額を予定し、それを12で割った月割額を毎月末に製造間接費として計上します。

このように、「直接工の賃金」以外の労務費は全て間接労務費になります。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ