【工業簿記】材料棚卸減耗費【製造間接費になる?】

スポンサーリンク
  • 工業簿記を勉強していると材料棚卸減耗費っていう内容が出てきたんだけど……
  • 材料棚卸減耗費が製造間接費になる場合とならない場合の違いが分からない
  • 材料棚卸減耗費について教えて!

材料棚卸減耗費は製造間接費になる場合とならない場合があり、違いが難しいので、材料棚卸減耗費そのものを苦手にしてしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん材料棚卸減耗費についても熟知しています。

この記事では材料棚卸減耗費の会計処理についてわかりやすく解説します。

この記事を読めば材料棚卸減耗費についてよく理解できるので、材料棚卸減耗費に関する問題が簿記2級で出題されても自信を持って解答することができます。

結論を一言で言うと、材料の帳簿残高よりも実地棚卸高が少ない場合の差額が材料棚卸減耗費です。材料棚卸減耗費が正常なものであれば製造間接費に、異常なものであれば損益勘定に振り替えられます。

スポンサーリンク

材料棚卸減耗費:材料が帳簿残高よりも少なかった場合の損失

材料の帳簿残高よりも実地棚卸高が少ない場合は、材料に棚卸減耗が生じていることになります。

材料に棚卸減耗が生じている場合には、次の仕訳を切ることで材料勘定を帳簿棚卸高から実地棚卸高に修正します。

借方金額貸方金額
棚卸減耗費×××材料×××

考え方は商業簿記で出てきた棚卸減耗費の取引と仕訳の売上原価に含めない場合と同じです。

この仕訳のあと、借方に出てきた棚卸減耗費は振り替えられていきます。どのように振り替えられるかは、その棚卸減耗費が正常なものなのか異常なものなのかで変わってきます。

スポンサーリンク

正常な棚卸減耗費の場合:製造間接費に振り替える

製造するときに通常発生する程度の量である棚卸減耗を正常な棚卸減耗といいます。正常な棚卸減耗の場合、借方に出てきた棚卸減耗費を製造間接費に振り替えます。

振替の仕訳は次のような仕訳になります。

借方金額貸方金額
製造間接費×××棚卸減耗費×××

減耗でなくなった材料が特定の製品に使われたと分かることはないので、直接材料費を意味する勘定科目である仕掛品勘定に振り替えることはありません。

スポンサーリンク

異常な棚卸減耗費の場合:損益勘定に振り替える

製造するときに通常は発生しないほどの量である棚卸減耗を異常な棚卸減耗といいます。異常な棚卸減耗の場合、借方に出てきた棚卸減耗費を損益勘定に振り替えます。

この振替の仕訳は次のような仕訳になります。

借方金額貸方金額
損益×××棚卸減耗費×××

異常な費用は原価に算入しないため「材料→(製造間接費)→仕掛品→製品」という勘定連絡図における流れからは外れます。

スポンサーリンク

【まとめ】材料棚卸減耗費

材料の帳簿残高よりも実地棚卸高が少ない場合の差額が材料棚卸減耗費です。材料棚卸減耗費が正常なものであれば製造間接費に、異常なものであれば損益勘定に振り替えます。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました