製造間接費の各部門に集計(第1次集計)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では製造間接費の各部門に集計(第1次集計)について解説します。

製造間接費の各部門に集計(第1次集計)

部門費配分表を作成してみます。

資料

1.製造間接費合計額

  • 製造間接費合計額…443,500円

2.製造間接費の内訳

(A)部門個別費
費用 合計 製造部門 補助部門
切削部門 組立部門 動力部門 修繕部門
間接材料費 100,000 40,000 45,000 15,000
間接労務費 150,000 62,500 50,000 12,500 25,000
間接経費 80,000 25,000 25,000 12,500 17,500
(B)部門共通費
費目 合計 配賦基準
建物減価償却費 66,000 床面積
福利費 24,000 従業員数
電力量 23,500 機械運転時間
(C)部門共通費の配賦基準
配賦基準 合計 製造部門 補助部門
切削部門 組立部門 動力部門 修繕部門
床面積(平方メートル) 88 30 40 8 10
従業員数(人) 48 20 16 4 8
機械運転時間(時間) 470 160 130 100 80

部門費配分表

部門費配分表は次のようになります。

部門個別費については、基本的に(A)部門個別費をそのまま記入しておけば大丈夫です。小計の欄は縦に合計した金額を記入します。部門共通費については、それぞれ配賦基準にもとづいて配賦します。

建物減価償却費

それぞれの部門の建物減価償却費を計算します。

  1. 建物減価償却費の合計額を配賦基準である床面積の合計数値で割ることで、床面積1㎡あたりの建物減価償却費を求めます。
  2. 床面積1㎡あたりの建物減価償却費にそれぞれの部門の床面積をかけることでそれぞれの部門の建物減価償却費を求めます。

具体的に数字で計算してみます。次のようになります。

  1. 床面積1㎡あたりの建物減価償却費(750円/平方メートル)=建物減価償却費合計(66,000円)÷床面積合計(88平方メートル)
    • 切削部門の建物減価償却費(22,500円)=床面積1㎡あたりの建物減価償却費(750円/平方メートル)×切削部門の床面積(30平方メートル)
    • 組立部門の建物減価償却費(30,000円)=床面積1㎡あたりの建物減価償却費(750円/平方メートル)×切削部門の床面積(40平方メートル)
    • 動力部門の建物減価償却費(6,000円)=床面積1㎡あたりの建物減価償却費(750円/平方メートル)×切削部門の床面積(8平方メートル)
    • 修繕部門の建物減価償却費(7,500円)=床面積1㎡あたりの建物減価償却費(750円/平方メートル)×切削部門の床面積(10平方メートル)
電卓の上手な使い方

この計算は定数乗算を利用することで素早く計算することができます。

[6][6][00][0][÷][8][8][×][3][0][=]と入力することで切削部門の建物減価償却費22,500が求まります。

この数字を記入した後、連続して[4][0][=]と入力すれば組立部門の建物減価償却費30,000が、[8][=]と入力すれば動力部門の建物減価償却費6,000が、[1][0][=]と入力すれば修繕部門の建物減価償却費7,500が求まります。

[6][6][00][0][÷][8][8][×][3][0][=][4][0][=][8][=][1][0][=]と入力するだけで全ての数字を求めることができます。

福利費

それぞれの部門の福利費を計算します。

  1. 福利費の合計額を配賦基準である従業員数の合計数値で割ることで、従業員1人あたりの福利費を求めます。
  2. 従業員1人あたりの福利費にそれぞれの部門の従業員数をかけることでそれぞれの部門の福利費を求めます。

具体的に数字で計算してみます。次のようになります。

  1. 従業員1人あたりの福利費(500円/人)=福利費合計(24,000円)÷従業員数合計(48人)
    • 切削部門の福利費(10,000円)=従業員1人あたりの福利費(500円/人)×従業員数(20人)
    • 組立部門の福利費(8,000円)=従業員1人あたりの福利費(500円/人)×従業員数(16人)
    • 動力部門の福利費(2,000円)=従業員1人あたりの福利費(500円/人)×従業員数(4人)
    • 修繕部門の福利費(4,000円)=従業員1人あたりの福利費(500円/人)×従業員数(8人)
電卓の上手な使い方

この計算は定数乗算を利用することで素早く計算することができます。

[2][4][00][0][÷][4][8][×][2][0][=]と入力することで切削部門の福利費10,000が求まります。

この数字を記入した後、連続して[1][6][=]と入力すれば組立部門の福利費8,000が、[4][=]と入力すれば動力部門の福利費2,000が、[8][=]と入力すれば修繕部門の福利費4,000が求まります。

[2][4][00][0][÷][4][8][×][2][0][=][1][6][=][4][=][8][=]と入力するだけで全ての数字を求めることができます。

電力料

それぞれの部門の電力料を計算します。

  1. 電力料の合計額を配賦基準である機械運転時間の合計数値で割ることで、機械運転時間1時間あたりの電力料を求めます。
  2. 機械運転時間1時間あたりの電力料にそれぞれの部門の機械運転時間をかけることでそれぞれの部門の電力料を求めます。

具体的に数字で計算してみます。次のようになります。

  1. 機械運転時間1時間あたりの電力料(50円/時間)=電力料合計(23,500円)÷機械運転時間合計(470時間)
    • 切削部門の電力料(8,000円)=機械運転時間1時間あたりの電力料(50円/時間)×機械運転時間(160時間)
    • 組立部門の電力料(6,500円)=機械運転時間1時間あたりの電力料(50円/時間)×機械運転時間(130時間)
    • 動力部門の電力料(5,000円)=機械運転時間1時間あたりの電力料(50円/時間)×機械運転時間(100時間)
    • 修繕部門の電力料(4,000円)=機械運転時間1時間あたりの電力料(50円/時間)×機械運転時間(80時間)
電卓の上手な使い方

この計算は定数乗算を利用することで素早く計算することができます。

[2][3][5][00][÷][4][7][0][×][1][6][0][=]と入力することで切削部門の電力料8,000が求まります。

この数字を記入した後、連続して[1][3][0][=]と入力すれば組立部門の電力料6,500が、[1][00][=]と入力すれば動力部門の電力料5,000が、[8][0][=]と入力すれば修繕部門の電力料4,000が求まります。

[2][3][5][00][÷][4][7][0][×][1][6][0][=][1][3][0][=][1][00][=][8][0][=]と入力するだけで全ての数字を求めることができます。

最後に部門共通費のそれぞれの部門の合計を小計の段に記入し、部門個別費の小計と部門共通費の小計を合計して部門費合計を記入して部門費配分表を完成させます。

製造間接費を各部門に集計する仕訳

上の例題の仕訳について考えてみましょう。

製造間接費を各部門に振り替えます。部門費配分表より、切削部門の部門費は168,000円、組立部門の部門費は164,500円、動力部門の部門費は38,000円、修繕部門の部門費は73,000円となります。これらの各部門費に製造間接費443,500円を振り替えるので次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
切削部門費
組立部門費
動力部門費
修繕部門費
168,000
164,500
38,000
73,000
製造間接費 443,500

製造間接費を各部門に集計する仕訳の勘定連絡図での流れ

上の仕訳を勘定連絡図で表すと次のようになります。

第1次集計

勘定がどのように流れているのかをきちんと理解しておくことが大切です。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ