原価計算表の作り方

スポンサーリンク
  • 工業簿記を勉強していると原価計算表っていう内容が出てきたんだけど……
  • 原価計算表の書き方が分からない
  • 原価計算表について教えて!

工業簿記を勉強していると原価計算表という表が出てきます。非常によく出てくるものなのですが、苦手にしている方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん原価計算表についても熟知しています。

この記事では原価計算表について解説します。

この記事を読めば、原価計算表について理解できるので、簿記2級で原価計算表に関する問題が出題されても自信を持って解答することができるようになります。

結論を一言で言うと、原価計算表とは製品ごとの原価を計算するために使う表です。

スポンサーリンク

原価計算表:製品ごとの原価を計算するのに使う表

製品の原価は製品ごとに原価を計算することで初めて意味が出てきます。いろいろな製品の合計の原価だけが分かっても原価管理においては意味がないのです。

そこで、原価管理をするために、それぞれの製品の原価を個別に計算することになります。そのときに作るのが原価計算表です。

スポンサーリンク

原価計算表の具体例

直接材料費と間接材料費の消費

例題

材料のうち、製品1には150,000円、製品2には100,000円、間接材料費として50,000円が消費された。

この例題の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
250,000
50,000
材料300,000
関連記事

この仕訳を切るときの考え方については「材料費の仕訳-材料の消費」で詳しく解説しています。

直接労務費と間接労務費の消費

例題

労務費のうち、製品1には200,000、製品2には150,000、間接労務費として200,000円が消費された。

この例題の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
350,000
200,000
労務費550,000
関連記事

この仕訳を切るときの考え方については「労務費の仕訳-労働力の消費」で詳しく解説しています。

直接経費と間接経費の消費

例題

経費のうち、製品1には250,000、製品2には200,000、間接経費として100,000が消費された。

この例題の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品
製造間接費
450,000
100,000
経費550,000
関連記事

この仕訳を切るときの考え方については「経費の仕訳-経費の消費」で詳しく解説しています。

製造間接費の配賦

例題

製造間接費350,000を製品1に200,000、製品2に150,000配賦した。

この例題の仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
仕掛品350,000製造間接費350,000
関連記事

この仕訳を切るときの考え方については「製造間接費の仕訳-製造間接費の配賦」で詳しく解説しています。

これらの仕訳を見るだけでは、製品1の原価も製品2の原価も全く分かりません。製品1が完成しても仕訳を切ることができません。そこで、原価計算表を作成します。

 製品1製品2合計
直接材料費150,000100,000250,000
直接労務費200,000150,000350,000
直接経費250,000200,000450,000
製造間接費200,000150,000350,000
製造原価800,000600,0001,400,000

原価計算表はこのようなものになります。原価計算表をきちんと作ることで、「製品1が完成した」場合の仕訳をきちんと切ることができます。ちなみに製品1が完成した仕訳は次のとおりです。

借方金額貸方金額
製品800,000仕掛品800,000
関連記事

この仕訳を切るときの考え方については「製品の仕訳」で詳しく解説しています。

製品2はまだ完成していないので仕訳は切りません。仕掛品勘定に残高が600,000円残るということになります。

スポンサーリンク

【まとめ】原価計算表の作り方

原価計算表とは製品ごとの原価を計算するために使う表です。原価計算表を作るときには直接費は製品ごとに記入し、間接費は各製品に配賦する金額を記入します。

関連記事
工業簿記2級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました