原価計算表

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では原価計算表について解説します。

原価計算表

製品の原価は製品ごとに原価を計算することで初めて意味が出てきます。いろいろな製品の合計の原価だけが分かっても原価管理においては意味がないのです。

そこで、それぞれの製品の原価を個別に計算するのですが、そのときに作られるのが原価計算表です。

原価計算表の具体例

材料の消費

「材料のうち、製品1には150,000円、製品2には100,000円、間接材料費として50,000円が消費された」場合、仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品
製造間接費
250,000
50,000
材料 300,000

労働力の消費

「労務費のうち、製品1には200,000、製品2には150,000、間接労務費として200,000円が消費された」場合、仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品
製造間接費
350,000
200,000
労務費 550,000

経費の消費

「経費のうち、製品1には250,000、製品2には200,000、間接経費として100,000が消費された」場合、仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品
製造間接費
450,000
100,000
経費 550,000

製造間接費の配賦

「製造間接費350,000を製品1に200,000、製品2に150,000配賦した」場合、仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕掛品 350,000 製造間接費 350,000

これらの仕訳を見るだけでは、製品1の原価も製品2の原価も全く分かりません。よって、製品1が完成しても仕訳を切ることができません。そこで、原価計算表を作成します。

製品1 製品2 合計
直接材料費 150,000 100,000 250,000
直接労務費 200,000 150,000 350,000
直接経費 250,000 200,000 450,000
製造間接費 200,000 150,000 350,000
製造原価 800,000 600,000 1,400,000

原価計算表はこのようなものになります。このように原価計算表をきちんと作ることで、「製品1が完成した」場合の仕訳をきちんと切ることができます。ちなみに製品1が完成した仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
製品 800,000 仕掛品 800,000

製品2はまだ完成していないのでこのままです。仕掛品勘定に残高が600,000円残るということになります。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ