剰余金の処分(任意積立金の積立)の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では剰余金の処分(任意積立金の積立)の取引と仕訳について解説します。

任意積立金の積立

会社が今後の業務遂行に必要な資金を確保するために、利益の一部を積み立てることをいいます。

この積立をしておかないと自動的に繰越利益剰余金として計上することになります。繰越利益剰余金は原則として配当に回してもいいのですが、配当に回されると今後も業務に悪影響が出る場合があります。

そういった場合、積立金として積み立てておくことで配当に回されないようにしておくことができます。

任意積立金には大きく分けて次の2つがあります。

  • 目的を特定する積立金(名称は様々です)
  • 目的を特定しない積立金(別途積立金)

任意積立金の例として次のようなものがあります。

勘定科目 目的
新築積立金 建物の建設に備えるため
配当平均積立金 利益が出なかったときにも配当をきちんと出すため
修繕積立金 建物などの修繕に備えるため

今後大きな出費が予想されるときにはこれらの積立金を積んでおくことで資金を確保しておきます。

剰余金の処分(任意積立金の積立)の取引と仕訳

任意積立金を積立てた

「株主総会の決議により、別途積立金を500,000円積立てた」場合の仕訳について考えてみましょう。

別途積立金を積立てているので、別途積立金が増加します。別途積立金は資本の勘定なので、貸方に記入します。金額は500,000円なので、『(貸)別途積立金500,000』となります。

また、この例では明確には書いていませんが、別途積立金の原資になるのは繰越利益剰余金だけです。繰越利益剰余金以外の資本の部は、何らかの目的があるため、自由に任意積立金にはできません。

もしするのであれば、それも株主総会で話し合っているはずです。その記述が一切ないので、繰越利益剰余金を原資としたと考えます。

よって任意積立金を積立てるために繰越利益剰余金が減少します。資本の減少は借方に記入します。金額は500,000円なので、『(借)繰越利益剰余金500,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
繰越利益剰余金 500,000 別途積立金 500,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ