株主資本等変動計算書

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では株主資本等変動計算書について解説します。

株主資本等変動計算書

株主資本等変動計算書は、貸借対照表の純資産の部の各項目について、「当期首残高」「当期の変動額(増減額)」「当期末残高」を明らかにする書類です。

例えば、「株主への剰余金の配当」は、「その他資本剰余金およびその他利益剰余金(繰越利益剰余金)の減少」と記載されます。また、「当期純利益」は「その他利益剰余金(繰越利益剰余金)の増加」と記載されます。

株主資本等変動計算書の作成の具体例

例題

  • 期首の純資産の部
    • 資本金:¥20,000
    • 資本準備金:¥2,000
    • その他資本剰余金:¥2,000
    • 利益準備金:¥1,500
    • 別途積立金:¥10,000
    • 繰越利益剰余金:¥3,000
    • 自己株式:¥500
    • その他有価証券評価差額金(貸方残高):¥700
  • 当期の取引など
    • 新株発行による当座預金への払込額:¥10,000(全額を資本金とした。)
    • その他資本剰余金からの配当:¥1,000
    • 繰越利益剰余金からの配当:¥2,000
    • 期末のその他有価証券評価差額金:¥1,600
    • 当期純利益:¥3,300

これらの資料にもとづいて、株主資本等変動計算書を作成してみましょう。

考え方

まずは期首残高を当期首残高の行に書き込みます。そして、当期の取引などに従って当期変動額を記入していきます。

配当を行うときにはその 10 分の 1 を法定準備金として積み立てなければならない点に注意が必要です1。1つずつ処理していけば解答になります。

解答

株主資本等変動計算書

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ