売買目的有価証券の複数回取得の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では売買目的有価証券の複数回取得の取引と仕訳について解説します。

売買目的有価証券の複数回取得

同一銘柄の有価証券を売買目的で複数回取得した場合、その売却単価の計算方法には移動平均法を使います(総平均法もありますが出題されないので割愛します)。

移動平均法の考え方は販売した商品の仕入単価決定方法で学習した移動平均法と同じです。商品を有価証券と置き換えれば、有価証券における移動平均法になります。ちなみに、有価証券では先入先出法はありません。

売買目的有価証券の複数回取得の取引と仕訳

1回目の有価証券の取得

「売買目的でA社の株式600株を1株あたり700円で現金で取得した」場合の仕訳について考えてみましょう。

これは簿記3級で学習した有価証券の取引と仕訳のとおりです。株式の購入価額は600株×700円=420,000円なので、次の仕訳になります。

借方 金額 貸方 金額
売買目的有価証券 420,000 現金 420,000

2回目の有価証券の取得

「売買目的で再びA社の株式400株を1株あたり800円で現金で取得した」場合の仕訳について考えてみましょう。

これも簿記3級で学習した有価証券の取引と仕訳のとおりです。株式の購入価額は400株×800円=320,000円なので、次の仕訳になります。

借方 金額 貸方 金額
売買目的有価証券 320,000 現金 320,000

株式の売却

「上記2回で取得したA社の株式800株を1株あたり1,000円で売却し、代金は現金で受け取った」場合の仕訳について考えてみましょう。

同一銘柄を複数回に分けて購入しているので、移動平均法で売却単価を決定します。表でまとめると次のようになります。

株数 購入価額
1回目 600株 420,000円
2回目 400株 320,000円
合計 1,000株 740,000円

この表より、売却単価は740,000円÷1,000株=740円となります。これを800株売却しているので、800株×740円=592,000円が売却価額になります。よって『(貸)売買目的有価証券592,000』となります。

また、800株を1株あたり1,000円で売却しているので、800株×1,000円=800,000円の現金を受け取ったことになります。よって『(借)現金800,000』となります。

このままでは貸方が800,000円-592,000円=208,000円不足しています。この208,000円はこの売買による利益を意味しています。よって『(貸)有価証券売却益208,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 800,000 売買目的有価証券
有価証券売却益
592,000
208,000

電卓の上手な使い方

上の仕訳の売却価額である592,000を1の仕訳も2の仕訳も切ることなく、そしてメモすることもなく求める電卓の使い方を解説します。

結論から言うと[6][00][×][7][00][M+][4][00][×][8][00][M+][RM][÷][1][00][0][×][8][00][=]で求めることができます(1,000という数字は600+400を暗算しています)。次の流れになります。

  1. [6][00][×][7][00][M+]で1回目の購入価額420,000を求め、メモリーに加算
  2. [4][00][×][8][00][M+]で2回目の購入価額320,000を求め、メモリーに加算
  3. [RM]で1回目の購入価額と2回目の購入価額の合計額を表示
  4. [÷][1][00][0]で売却単価を求める
  5. [×][8][00][=]で売却価額を求める

ちなみに、このやり方を丸暗記するのはいけません。電卓の仕組みと計算の性質から、この電卓の使い方が自然と思い浮かべば理想的です。

最初からそれは難しいと思いますが、簿記2級の試験を受けるまでには身につけたい電卓の使い方です。ただ、丸暗記しても役に立たないので、丸暗記するくらいなら一つ一つ求めましょう。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ