送金小切手【簿記における現金】

商業簿記2級
送金小切手について知りたい人
送金小切手について知りたい人

送金小切手って難しそうだけど、何だろう。簿記ではどのように処理するのかな。送金小切手について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

送金小切手【簿記における現金】

最初に簿記3級の確認をしておいてください。簿記3級で学習する現金については「簿記における現金」をご覧下さい。

簿記2級では、簿記3級で学習した現金に加えて郵便為替証書と送金小切手が加わります。

郵便為替証書については「郵便為替証書」をご覧ください。

送金小切手とは、当座預金口座を持っている人が送金する方法の一つです。支払う側が取引銀行から送金小切手を交付してもらい受取人に郵送します。受取人は郵送された送金小切手を銀行に呈示して支払いを受けます。

銀行口座を持っていない人への送金方法としては便利ですが、銀行口座を持っていない人はほとんどいません。受取人が銀行口座を持っている場合は銀行振込みの方が便利なため、現在ではほとんど使われていない送金方法だといえます。

送金小切手は支払う側が取引銀行から小切手を交付してもらうので、当社振り出しの小切手が送られてくることはありません。よって、送金小切手が「当座預金」になることはありません。

【まとめ】簿記上の現金

簿記上の現金は簿記3級で出てきたものとまとめて、次の6つになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました