割引とは【仕訳と勘定科目をわかりやすく】

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると割引っていう言葉が出てきたんだけど……
  • 割引と値引きの違いが分からない
  • 割引の仕訳について教えて!

割引という言葉は簿記と日常会話で意味が全く違うので、混乱してしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん割引の仕訳についても熟知しています。

この記事で割引の仕訳について解説します。

この記事を読めば割引の仕訳が理解できるので、割引の仕訳が簿記1級の試験で出題されても自信を持って解答することができます。

結論を言うと、割引は債権や債務が支払期日前に支払われる場合、債権・債務の金額に含まれる利息分を免除することです。

スポンサーリンク

割引:債権や債務に含まれる利息分を免除すること

売掛金などの債権や買掛金などの債務が支払期日前に支払われる場合、債権債務のいくらかを免除することを割引といいます。

売掛金や買掛金などの金額は、商品代金と、代金が現金などで支払われるまでの金利を合わせた金額になっています。

代金を支払期日前に支払う場合、金利にあたる部分の金額を一部免除するのです。

このように割引は金利の減額という性質を持っているため、値引きや返品割戻のように売上高・仕入高を直接減らすことはありません。

仕訳そのものが値引きや返品、割戻とは異なるため注意が必要です。

スポンサーリンク

割引の仕訳

【売上割引】代金の早期決済を受け、割引をした

例題

商品100,000円を販売した際の売掛金を現金で受け取った。なお「掛代金を10日以内に支払えば代金の5%を割り引く」との契約があったが、売掛金は10日以内に支払われていた

この例題の仕訳を考えてみましょう。

売掛金100,000円分を回収しているので『(貸)売掛金100,000』となります。

問題は借方です。現金で受取っているのですが、受け取る現金は(売掛金100,000円×割引率5%=)5,000円を割引かれた(売掛金100,000円-利息分5,000円=)95,000円です。

よって『(借)現金95,000』となります。

このままでは借方が5,000円不足しています。この5,000円は代金の早期決済による割引です。『売上割引』という勘定科目を使って処理します。よって『(借)売上割引5,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
現金
売上割引
95,000
5,000
売掛金100,000

売上割引を売上としないように気をつけてください。売上割引は資金を早期に回収したことによる利息分の支払いであるため、支払利息と似た性質があります。そのため売上と相殺しないのです。

【仕入割引】代金の早期決済を行い、割引を受けた

例題

商品200,000円を仕入れた際の買掛金を現金で支払った。なお、「掛代金を10日以内に支払えば代金の3%を割り引く」との契約があったが、買掛金は10日以内に支払った。

この例題の仕訳を考えてみましょう。

買掛金200,000円分を支払っているので『(借)買掛金200,000』となります。

問題は貸方です。現金で支払っているのですが、支払う現金は(買掛金200,000円×割引率3%=)6,000円を割引かれた(買掛金200,000円-利息分6,000円=)194,000円です。

よって『(貸)現金194,000』となります。

このままでは貸方が6,000円不足しています。この6,000円は代金の早期決済による割引です。『仕入割引』という勘定科目を使って処理します。よって『(貸)仕入割引6,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
買掛金200,000現金
仕入割引
194,000
6,000

仕入割引を仕入としないように気をつけてください。仕入割引は資金を早期に返済したことによる利息分の受け取りであるため、受取利息と似た性質があります。そのため仕入と相殺しないのです。

スポンサーリンク

仕入割引や売上割引を仕入や売上から控除しない理由

先ほどお伝えした通り、「商品100,000円をA社に販売した際の売掛金を現金で受け取った。なお、『掛代金を10日以内に支払えば代金の5%を割り引く』との契約があったが、売掛金は10日以内に支払われていた」場合の仕訳が次のようになります。

借方金額貸方金額
現金
売上割引
95,000
5,000
売掛金100,000

では、商品代金を売掛金ではなく受取手形で受取っていたとします。そして受け取った手形を売掛金を支払った日と同じ日にA社に割引いてもらったとします(割引料は同じく5,000円です)。

このときの仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
現金
手形売却損
95,000
5,000
受取手形100,000
関連記事

手形の割引については「【簿記】約束手形の割引とは【仕訳と勘定科目を簡単に】」で詳しく解説しています。

手形の割引は売掛金の早期受取りと同じ性質の取引です。どちらも受取期日前に現金を受取ることで、受取期日までの利息を支払っています。

同じ性質の取引なのに、手形の場合は手形売却損という営業取引以外の取引を意味する勘定で仕訳を切り、売掛金の場合は売上という営業取引を意味する勘定で仕訳を切ったのではつじつまが合いません。

もし売上割引を売上から控除するならば、手形を割引した場合も「手形売却損」ではなく「売上」でなければつじつまが合わないのです。

手形を割引いたときに手形売却損という勘定で仕訳を切る以上、売上割引も支払利息を意味する売上割引を使わなければなりません。

このような理由から、仕入割引や売上割引は仕入や売上から控除しないのです。

スポンサーリンク

【まとめ】割引とは【仕訳と勘定科目をわかりやすく】

割引とは債権や債務が支払期日前に支払われる場合、債権・債務に含まれる利息分を免除することです。割引は金利の減額という性質を持っているため値引きや返品とは区別します。

関連記事

コメント

  1. ポン太くん より:

    ■教えてください

    分記法での割引の仕分けを教えてほしいです。

    • dokuboki より:

      割引は買掛金や売掛金を予定より早く決済することによる利息分の減額です。この「予定より早く決済」という取引は仕入や売上とは直接関係ありません。なので商品の記帳方法と割引の仕訳は直接関係がないということになります。

      なので分記法であっても、売掛金や買掛金の決済の仕訳は三分法などと同じ、次の仕訳になります。

      ○売上割引
      (借)現金 ×××/(貸)売掛金 ×××
      (借)売上割引 ×××

      ○仕入割引
      (借)買掛金 ×××/(貸)現金 ×××
                /(貸)仕入割引 ×××

      「商品勘定や仕入・売上勘定が全く出てこないということは商品の記帳方法と関係がない」と考えてもらえれば理解しやすいかと思います。

タイトルとURLをコピーしました