割戻の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では割戻の取引と仕訳について解説します。

簿記3級の復習

簿記3級で商品売買の記帳方法(三分法)を学習しました。それと同時に値引きと返品についても学習しました。

  • 値引き…商品に傷がついていたり数が不足していたりした場合に代金の減額を行うこと
  • 返品…注文したものと違っていたり、値引きではすまないほど破損していたりした場合に商品売買の契約を取り消すこと

簿記2級ではこれらに加えて割戻と割引を学習します。

割戻とは…

割戻とは、多額または多量の取引があった場合に、売り手側が販売促進のために売上代金の一部を返還することをいいます。そうすることで大量に買ってもらおうとしているのです。

また、メーカーが販売者に対して「大量に売ったらその量に応じて仕入代金を減額しますよ(だからたくさん売ってください)」といった取引も割戻です。

値引きと似ていますが、値引きは傷や不良品などの質に関する減額なのに対し、割戻は多量な取引などの量に関する減額なのが異なる点になります。

割戻の取引と仕訳

割戻の仕訳は値引きや返品と同じになります。というわけで仕入・売上時の仕訳の逆仕訳をします。

仕入時に割戻を受けた

「仕入高が規定の取引量を超えたので、30,000円の割戻を受けて、買掛金と相殺した」場合の仕訳を考えてみましょう。

買掛金と相殺しているので、買掛金が減少しています。よって『(借)買掛金30,000』となります。

また、割戻は仕入代金の減額になるので、『(貸)仕入30,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 30,000 仕入 30,000

売上時に割戻をした

「売上高が規定の取引量を超えたので、80,000円の割戻をして、売掛金と相殺した」場合の仕訳を考えてみましょう。

売掛金と相殺しているので、売掛金が減少しています。よって『(貸)売掛金80,000』となります。

また、割戻は売上代金の減額になるので、『(借)売上80,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
売上 80,000 売掛金 80,000

仕訳自体は値引きや返品のときと変わりませんが、取引の内容自体は異なります取引の意味をきちんと理解して上で仕訳を切れるようになることが重要です。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ