割戻し

商業簿記2級
割戻について知りたい人
割戻について知りたい人

簿記を勉強していると割戻っていう勘定科目が出てくるけど、どういうときに使うんだろう。値引きとは違うのかな。割戻について知りたいな

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

簿記3級の復習

簿記3級で商品売買の記帳方法(三分法)を学習しました。それと同時に値引きと返品についても学習しました。

  • 値引き…商品に傷がついていたり数が不足していたりした場合に代金の減額を行うこと
  • 返品…注文したものと違っていたり、値引きではすまないほど破損していたりした場合に商品売買の契約を取り消すこと

簿記2級ではこれらに加えて割戻と割引を学習します。

割戻し

割戻しとは、多額または多量の取引があった場合に、売り手側が販売促進のために売上代金の一部を返還することをいいます。そうすることで大量に買ってもらおうとしているのです。

また、メーカーが販売者に対して「大量に売ったらその量に応じて仕入代金を減額しますよ(だからたくさん売ってください)」といった取引も割戻しです。

値引きと似ていますが、値引きは傷や不良品などの質に関する減額なのに対し、割戻は多量な取引などの量に関する減額なのが異なる点になります。

割戻しの仕訳

割戻しの仕訳は値引きや返品と同じになります。というわけで仕入・売上時の仕訳の逆仕訳をします。

仕入時に割戻しを受けた

「仕入高が規定の取引量を超えたので、30,000円の割戻しを受けて、買掛金と相殺した」場合の仕訳を考えてみましょう。

買掛金と相殺しているので、買掛金が減少しています。よって『(借)買掛金30,000』となります。

また、割戻しは仕入代金の減額になるので、『(貸)仕入30,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
買掛金30,000仕入30,000

売上時に割戻しをした

「売上高が規定の取引量を超えたので、80,000円の割戻しをして、売掛金と相殺した」場合の仕訳を考えてみましょう。

売掛金と相殺しているので、売掛金が減少しています。よって『(貸)売掛金80,000』となります。

また、割戻しは売上代金の減額になるので、『(借)売上80,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
売上80,000売掛金80,000

仕訳自体は値引きや返品のときと変わりませんが、取引の内容自体は異なります。取引の意味をきちんと理解して上で仕訳を切れるようになることが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました