決算手続(簿記2級)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では簿記2級の範囲における決算手続について解説します。

決算手続(簿記2級)

会社の活動で生じた取引は、期中においては仕訳帳に仕訳され、総勘定元帳の各勘定に転記されます。この転記により、決算整理前残高試算表の資産負債資本収益費用が求められます。

会社は1年を会計期間として、その1年の間にどれだけの収益と費用が生じたのか、どれだけ会社の財産が増減したのかを総勘定元帳などの記録を元に把握します。

このとき、総勘定元帳などの記録からその会計期間の費用・収益などを計算するために、費用・収益の見越し・繰延べや減価償却費などを計算し、各勘定の締切処理などを行います。

そして、損益計算書貸借対照表を作成して株主(投資家)に報告します。この一連の手続きを決算手続といいます。

簿記3級の内容とほとんど同じですが、決算手続から遠ざかっていた方はしっかりと確認して思い出しておくことをおすすめします。

決算手続の流れ(簿記2級)

決算手続の流れをおおまかに示すと次のようになります。

  1. 決算整理前残高試算表の作成
  2. 決算整理仕訳
  3. 決算整理後残高試算表の作成
  4. 決算振替仕訳
  5. 損益計算書および貸借対照表の作成

手続きの流れは簿記3級で学習した決算手続と同じです。ちなみに、決算手続では「決算整理前残高試算表」と「決算整理後残高試算表」が登場していませんが、これは次のような理由によります。

  • 簿記3級の段階ではこれから決算整理そのものを学習していくため、まだなじみがない「決算整理前残高試算表」と「決算整理後残高試算表」は省略した。
  • 「決算整理前残高試算表」と「決算整理後残高試算表」は決算手続に絶対に必要なものではないため、決算手続に絶対に必要な帳簿書類にしぼっている。

ここでは、「決算整理前残高試算表」から「決算整理後残高試算表」を作成させる問題の出題率が高いので、登場させています。

1.決算整理前残高試算表の作成

各勘定残高を集計して、期中の仕訳に誤りがないかチェックするために決算整理前残高試算表を作成します。ちなみに、決算整理前であるため次のようになっています。

  • 繰越商品…期首商品棚卸高
  • 仕入…当期商品仕入高

2.決算整理仕訳

1年間の費用・収益などをきちんと計算するために費用・収益の見越しや繰延べや減価償却などの計算をします。これを決算整理仕訳といいます。

ちなみに、この決算整理により次のようになります。

  • 繰越商品…期末商品棚卸高
  • 仕入…売上原価

3.決算整理後残高試算表の作成

決算整理後の各勘定残高を集計して、決算整理仕訳に誤りがないかをチェックするために決算整理後残高試算表を作成します。

4.決算振替仕訳

損益計算書を作成するために、費用と収益を損益勘定に振り替えて利益(損失)を計算します。利益(損失)は、株主総会でどのように処分するかを決めるまで繰越利益剰余金勘定で記録しておきます

また、資産・負債・資本の各勘定を締切り、繰越資産表を作成します(本当は他にも方法はあります。この方法については決算振替仕訳(大陸式)でお伝えします)。

この一連の手続きを決算振替といいます。

5.損益計算書と貸借対照表の作成

損益計算書と貸借対照表は、その会社の財政状態および経営成績を明らかにするために、一定のルールによりまとめた報告書(財務諸表)です(2つの形式がありますが、これについては損益計算書(報告式)貸借対照表(勘定式)で後述します)。

簿記一巡の手続を図で示すと次のようになります。

簿記一巡の手続

考え方の流れは簿記3級と同じです。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

“決算手続(簿記2級)” への4件のフィードバック

  1. super-banana より:

    はじめまして
    何度も訪問して頂き、ありがとうございます。

    簿記一級の独学での合格は凄いですね!

    記事もいくつか読ませて頂いたのですが、やるべきことが明確に示されていて素晴らしいと思いました。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      このブログは簿記を勉強されている方のお役に立てればと思い更新しています。これからもがんばって更新していくつもりです。

      お褒めの言葉ありがとうございました。

  2. ゴンドラマスター より:

    退職給付会計

    1日1講座を目標に復習をしてましたが去年の既習範囲ではやはり「リース会計」が断トツに難解でした

    次は「割賦販売」の「回収期限到来基準」なんかが難しいです

    次が「減損会計」になります

    意外と簡単なのが「売価還元法」「工事契約」「ソフトウェア償却」でした

    いま「退職給付会計」をやっていて『未認識数理計算上の差異』『未認識過去勤務差異』のところでゴチャゴチャになって3日目になりました

    ここは予習範囲なので未学習ですが大原のテキストはかなり突っ込んで書いてあるので余計に分かりません

    なんとか今日中に終わらせて『資産除去債務』に進みたいと思ってます

    • dokuboki より:

      難解な論点を勉強されていますね。難解なところはていねいに落ち着いて少しずつがポイントです。あせらずのんびりいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ