【本支店会計】内部取引消去の仕訳

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると本支店会計のところで内部取引消去っていう内容が出てきたんだけど……
  • 内部取引の消去の考え方が分からない
  • 内部取引消去の仕訳について教えて!

内部取引の消去の仕訳自体はシンプルなのですが、考え方は難しいので、仕訳の意味が分からなくて混乱してしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん内部取引消去の仕訳についても熟知しています。

この記事では内部取引消去の仕訳について考え方を中心に解説します。

この記事を読めば内部取引消去の仕訳についてよく理解できるので、内部取引消去の仕訳に関する問題が簿記2級で出題されても自信を持って解答することができます。

結論を一言で言うと、外部に報告する必要がない本店勘定と支店勘定を消去する仕訳が内部取引消去の仕訳です。内部取引消去の仕訳は「(借)本店×××/(貸)支店×××」になります。

この記事の内容を理解するためには本支店会計について理解しておく必要があります。本支店会計については「本支店会計」で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

内部取引の消去:本店勘定と支店勘定の相殺消去

適切に帳簿が作成されていれば、本店勘定と支店勘定は一致しています。

未達取引の整理が完了したことで本店勘定と支店勘定は一致しています。本店勘定と支店勘定が一致していなければ未達取引の整理が完了していません。

本店勘定と支店勘定は会社内部の取引を記帳した勘定です。

外部から見たら本店勘定は資本ではないですし、支店勘定も資産でもありません。本店勘定も支店勘定も外部から見たら会社の中でのことです。

会社内部の取引(内部取引)を外部に公表する貸借対照表や損益計算書に表示する必要はありません。

本店勘定と支店勘定を貸借対照表に表示すると余計な混乱を招いてしまいます。

そこで、本店勘定・支店勘定を消去する「(借)本店×××/(貸)支店×××」という仕訳を切る必要があります

スポンサーリンク

内部取引消去の仕訳は外部に公表する場合のみ行う

内部取引消去の仕訳は外部に公表する場合にのみ行います。本店・支店の帳簿上には本店勘定と支店勘定が残っています。

本店勘定と支店勘定は残したまま決算振替仕訳を行い、帳簿を締め切って次期へとつながっていきます。

内部取引の相殺消去の仕訳は外部に公表する場合のみ行うという点を意識しておいてください。

スポンサーリンク

内部取引の消去の仕訳

本店と支店の本支店合併貸借対照表と本支店合併損益計算書(いずれも単純合算時)が次のようになっている場合に内部取引の相殺消去の仕訳について考えてみましょう。

本支店合併財務諸表

内部取引の相殺消去の仕訳は1パターンしかありません。本店勘定、支店勘定を相殺消去する仕訳が解答となります。

借方金額貸方金額
本店500,000支店500,000
スポンサーリンク

【まとめ】本支店会計における内部取引消去の仕訳

外部に報告する必要がない本店勘定と支店勘定を消去する仕訳が内部取引消去の仕訳です。内部取引消去の仕訳は「(借)本店×××/(貸)支店×××」になります。

内部取引消去の仕訳は外部に公表する場合のみ行うので帳簿上は本店勘定と支店勘定が残っています。

関連記事

コメント

  1. 左右衛門左源次郎 より:

    いつもありがとう御座います。
    簿記の勉強、2月は受けることが、出来ないので、次の試験で、再チャレンジします。
    いつもきちんとしたブログで、勉強させて貰ってます^^

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      検定は次回チャレンジですね。簿記の勉強応援しています。

      私のブログで勉強してもらって光栄です。これからもどんどん勉強してください(笑)。

タイトルとURLをコピーしました