未渡小切手の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では未渡小切手について解説します。

未渡小切手

小切手は相手に渡したときではなく必要事項を記入した時点で次のように記帳します。

借方 金額 貸方 金額
買掛金など ××× 当座預金 ×××

そのため、小切手を切り離したけれど渡さなかった場合、企業の当座預金残高と銀行の当座預金残高に不一致が発生します。上の仕訳を切った時点で企業の当座預金残高は減るのに対し、小切手を相手に渡していないため銀行の当座預金残高は減るはずがないからです。

この不一致が発生する例として、「今日取引先が集金に来るから、それまでに小切手に必要事項を記入して振り出したが、取引先が急用で来れなくなり小切手が渡せなかった。」といった状況が考えられます。

未渡小切手の仕訳

「買掛金の支払いのため、小切手200,000円分を振り出したが、取引先に未渡しでありいまだに金庫に保管してあった」ときの仕訳について考えてみましょう。

「取引先に未渡し」と書かれているので未渡小切手の問題となります。小切手を振り出した時点で次の仕訳を切っているはずです。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 200,000 当座預金 200,000

未渡小切手の仕訳を考えるときには、小切手を振り出したときに次の仕訳を切ったことが正しいかどうかを考えなければなりません。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 200,000 当座預金 200,000

この仕訳が正しいのであれば仕訳を新たに切る必要はありません。逆にこの仕訳が誤っているのであれば、この仕訳を取り消さなければなりません

結論から言うと、小切手を振り出した時点で次の仕訳を切るのは、その時点では適切な処理ですが渡さなかったのであれば適切とはいえなくなります

借方 金額 貸方 金額
買掛金 200,000 当座預金 200,000

相手に渡していないということは、当座預金が取り立てられることはありません。当座預金勘定が減少することはないのです。それなのに「(貸)当座預金」としてしまっては正確な当座預金勘定を表さなくなってしまいます。

そこで、この仕訳を修正します。買掛金を減らしていますが、実際に買掛金は減少していないので、『(貸)買掛金200,000』として『(借)買掛金200,000』を取り消します。同様に、当座預金が減少していないので、『(借)当座預金200,000』として『(貸)当座預金200,000』を取り消します。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 200,000 買掛金 200,000

この仕訳が必要となります。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“未渡小切手の仕訳” への4件のフィードバック

  1. ma-kun☆ より:

    ここ数日の記事をまとめて拝読させていただいています。

    見取付小切手、未取立小切手、見渡小切手は1級でも頻出論点で非常に大切な論点ですね!!

    2級の範囲の論点でも理解して身に付けることは非常に難しいのでもう一度確認させていただきます!!

    • dokuboki より:

      未取付小切手、未取立小切手、未渡小切手は暗記にはしりやすいところですね。ぜひとも理解して身につけてください。

  2. ぁづぅ~ より:

    ■こんばんは。

    日商簿記を勉強しようと思っているのですが…そのために新しい電卓をと考えています。どの電卓を購入したらよいかアドバイスをいただけると嬉しいです。
    お願いします。

    • dokuboki より:

      電卓については「簿記検定でのオススメ電卓」で記事にしているので見てみるといいかと思います。

      コメント欄ではリンクが張れないようなので、ブログ内検索や目次などで検索してもらうと見つかると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ