有価証券の分類

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では有価証券の分類について解説します。

有価証券の分類

簿記3級では売買目的有価証券のみが出題されました。簿記2級では満期保有目的債券も出題されます。

有価証券は所有する目的により次の4つに分類されます。

  1. 売買目的有価証券…(短期的な)株価の変動により利益を得ることを目的として保有する株式や債券
  2. 満期保有目的債券…満期まで保有する目的で保有する社債などの債券
  3. 子会社株式および関連会社株式…会社を支配または影響を与えることを目的として保有する株式
  4. その他有価証券…1~3以外の目的で保有する株式や債券

このうち3と4は簿記1級の範囲なので現時点では特に気にする必要はありません(追記:2016年4月から簿記2級でも出題されるようになります)。また、2の満期保有目的債券は満期があることが前提のため、株式はありえません。債券のみとなります。

そのため、1と2のみにしぼって有価証券を分類すると、次のようになります。

有価証券の分類

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ