簿記における有価証券

商業簿記2級
簿記における有価証券について知りたい人
簿記における有価証券について知りたい人

簿記を勉強していると有価証券っていう勘定科目が出てくるけど、有価証券って何なのかな。株式のことなのかな。簿記で勉強する有価証券について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

簿記における有価証券

価値が有る紙(証券)と書いて有価証券です。本来有価証券とはこのような意味ですが、これでは簿記としては範囲が広すぎます。この定義では手形も切符もチケットも全て価値のある紙なので有価証券になってしまいます。

簿記における有価証券はかなり限られます。国債、地方債、社債、株式くらいです。この中で試験で出てくるものは株式と社債です。

簿記検定においては株式と社債が有価証券だと覚えておけば十分です。

有価証券の分類

有価証券は所有する目的により次の4つに分類されます。

  1. 売買目的有価証券…(短期的な)株価の変動により利益を得ることを目的として保有する株式や債券
  2. 満期保有目的債券…満期まで保有する目的で保有する社債などの債券
  3. 子会社株式および関連会社株式…会社を支配または影響を与えることを目的として保有する株式
  4. その他有価証券…1~3以外の目的で保有する株式や債券

コメント

タイトルとURLをコピーしました