有形固定資産の除却の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では有形固定資産の除却の取引と仕訳について解説します。

除却とは…

今まで使用してきた固定資産がいらなくなった場合は、事業での使用をやめることになります。この「事業での使用をやめること」を除却といいます

除却した固定資産は、資産として価値がある場合があります。除却した固定資産に価値がある場合は貯蔵品として処理することになります。

有形固定資産の除却の取引と仕訳

処分価値がない場合

「取得原価600,000円、減価償却累計額400,000円の備品を期首に除却し、処分価額はない」場合の仕訳について考えてみましょう。

備品を除却するので、『(貸)備品600,000』『(借)減価償却累計額400,000』となります。除却も売却も備品がなくなることにかわりはないので、ここまでは固定資産の売却と同じになります。

このままでは借方200,000円不足しています。この備品に処分価額はないので、200,000円全額が除却したことによる損失になります。よって、『(借)固定資産除却損200,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額
固定資産除却損
400,000
200,000
備品 600,000

処分価値がある場合

「取得原価600,000円、減価償却累計額400,000円の備品を期首に除却し、処分価額は50,000円である」場合の仕訳について考えてみましょう。

備品を除却するので、『(貸)備品600,000』『(借)減価償却累計額400,000』となります。除却も売却も備品がなくなることにかわりはないので、ここまでは固定資産の売却と同じになります。

このままでは借方200,000円不足しています。この備品の処分価額は50,000円なので、200,000円のうち、50,000円分の資産は手許にあることになります。除却したあとの資産は「貯蔵品」という勘定で処理します。よって、『(借)貯蔵品50,000』となります。

また、(200,000円-50,000円=)150,000円が除却したことによる損失になります。よって、『(借)固定資産除却損150,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額
貯蔵品
固定資産除却損
400,000
50,000
150,000
備品 600,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ