【無料PDF】簿記3級卒業までにやっておくべき7つのこと

無料PDF「簿記3級卒業までにやっておくべき7つのこと」を
手に入れて、楽しく簿記2級の勉強を進めよう。

ここをクリックして今すぐ無料PDFを手に入れる

有形固定資産の除却の仕訳

  • 簿記を勉強していると有形固定資産の除却の仕訳が出てきたんだけど……
  • 有形固定資産の除却と廃棄の違いが分からない
  • 有形固定資産の除却について教えて!

有形固定資産は除却することがあります。除却という取引は普通の人にはなじみがないので取引自体を理解できない方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん有形固定資産の除却についても熟知しています。

この記事では有形固定資産の除却の考え方と仕訳について解説します。

この記事を読めば有形固定資産の除却について理解できるので、簿記2級の試験で有形固定資産の除却に関する問題が出題されても自信を持って解くことができます。

結論を一言で言うと、除却とは事業での使用をやめることです。捨ててしまう「廃棄」とは異なります。一般に、有形固定資産は「除却→廃棄」という順序になることが多いです。

簿記2級の合格に役立つ無料PDF&無料メールセミナー「簿記3級卒業までにやっておくべき7つのこと」をお配りしています。

「簿記2級以上を目指している人」「簿記を実務に役立てたい人」は今すぐ手に入れることをおすすめします。

除却:事業での使用をやめること

今まで使用してきた固定資産が不要になった場合は、事業での使用をやめることになります。「事業での使用をやめること」を除却といいます。

除却した固定資産は、資産として価値がある場合があります。除却した固定資産に価値がある場合は貯蔵品として処理します。

有形固定資産の除却の仕訳

処分価値がない場合

例題

取得原価600,000円、減価償却累計額400,000円の備品を期首に除却し、処分価額はない。

この例題の仕訳について考えてみましょう。

備品を除却するので『(貸)備品600,000』『(借)減価償却累計額400,000』となります。除却も売却も備品がなくなることにかわりはないので、ここまでは固定資産の売却と同じです。

このままでは借方200,000円不足しています。この備品に処分価額はないので、200,000円全額が除却したことによる損失になります。よって『(借)固定資産除却損200,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
減価償却累計額
固定資産除却損
400,000
200,000
備品600,000

処分価値がある場合

例題

取得原価600,000円、減価償却累計額400,000円の備品を期首に除却し、処分価額は50,000円である。

この例題の仕訳について考えてみましょう。

備品を除却するので『(貸)備品600,000』『(借)減価償却累計額400,000』となります。除却も売却も備品がなくなることにかわりはないので、ここまでは固定資産の売却と同じです。

このままでは借方200,000円不足しています。この備品の処分価額は50,000円なので、200,000円のうち、50,000円分の資産は手許にあることになります。

除却したあとの資産は「貯蔵品」という勘定で処理します。よって、『(借)貯蔵品50,000』となります。

また、(帳簿価額200,000円-処分価額50,000円=)150,000円が除却したことによる損失になります。よって『(借)固定資産除却損150,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
減価償却累計額
貯蔵品
固定資産除却損
400,000
50,000
150,000
備品600,000

【まとめ】有形固定資産の除却の仕訳

除却とは事業での使用をやめることです。捨ててしまう「廃棄」とは異なります。一般に、有形固定資産は「除却→廃棄」という順序になることが多いです。

簿記2級の合格に役立つ無料PDF&無料メールセミナー「簿記3級卒業までにやっておくべき7つのこと」をお配りしています。

「簿記2級以上を目指している人」「簿記を実務に役立てたい人」は今すぐ手に入れることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました