裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定

商業簿記2級
裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定について知りたい人
裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定について知りたい人

裏書手形や割引手形がある場合ってどうやって貸倒引当金を設定したらいいんだろう。どの金額に貸倒実績率をかけたらいいのかな。裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定(対照勘定法)

この記事では裏書手形割引手形がある場合の貸倒引当金の設定の仕訳について解説します。偶発債務の処理は対照勘定法と評価勘定法がありますが、現在ではどちらも簿記2級の試験範囲からは外れています。

次のような決算整理前残高試算表をもとに貸倒引当金の設定する場合について考えてみます。

裏書手形・割引手形がある場合の貸倒引当金の設定(対照勘定法)

ちなみに、問題文に対照勘定法なのか評価勘定法なのかが書かれていない場合も多いです。その場合は、「手形裏書義務見返」や「手形割引義務」などがあれば対照勘定法、「割引手形」や「裏書手形」があれば評価勘定法だと判断します。

1.裏書手形を含んで貸倒引当金を設定する場合

「裏書手形を含む受取手形期末残高の2%の貸倒引当金を見積もる」場合の仕訳について考えてみます。

この場合は対照勘定法なので、受取手形勘定には裏書手形は含まれていません。手形を裏書した時点で次の仕訳を切って受取手形勘定を直接減額しているからです。

借方金額貸方金額
買掛金など200,000受取手形200,000

また、それと同時に次の仕訳を切っているはずです。

借方金額貸方金額
手形裏書義務見返200,000手形裏書義務200,000

この手形裏書義務の金額が裏書手形の金額になります。

これまでのことから次の2つのことが言えます。

  • 受取手形(手許有高)…300,000円
  • 裏書手形…200,000円

裏書手形を含んで貸倒引当金を設定するので、貸倒引当金繰入の金額は(300,000+200,000)×2%-2,000=8,000となります(差額補充法)。

仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
貸倒引当金繰入8,000貸倒引当金8,000

2.裏書手形を含まないで貸倒引当金を設定する場合

「裏書手形を含まない受取手形期末残高の2%の貸倒引当金を見積もる」場合の仕訳について考えてみます。

それぞれの手形の金額は1と同じで次の通りです。

  • 受取手形(手許有高)…300,000円
  • 裏書手形…200,000円

裏書手形を含まないで貸倒引当金を設定するので、貸倒引当金繰入の金額は300,000×2%-2.000=4,000となります(差額補充法)。

仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
貸倒引当金繰入4,000貸倒引当金4,000

裏書手形や割引手形がある場合の貸倒引当金の設定(評価勘定法)

次のような決算整理前残高試算表をもとに貸倒引当金の設定する場合について考えてみます。

裏書手形・割引手形がある場合の貸倒引当金の設定(評価勘定法)

ちなみに、問題文に対照勘定法なのか評価勘定法なのかが書かれていない場合も多いです。その場合は、「手形裏書義務見返」や「手形割引義務」などがあれば対照勘定法、「割引手形」や「裏書手形」があれば評価勘定法だと判断します。

1.裏書手形を含んで貸倒引当金を設定する場合

「裏書手形を含む受取手形期末残高の2%の貸倒引当金を見積もる」場合の仕訳について考えてみます。

この場合は評価勘定法なので、受取手形勘定に裏書手形は含まれています。手形を裏書した時点で次の仕訳を切っているため、受取手形勘定は減少していないからです。

借方金額貸方金額
買掛金など200,000裏書手形200,000

裏書手形の金額がそのまま裏書手形の金額になります。

これまでのことから次の3つのことが言えます。

  • 受取手形(裏書手形含む)…500,000円
  • 裏書手形…200,000円
  • 受取手形(手許有高)…500,000円-200,000円=300,000円

裏書手形を含んで貸倒引当金を設定するので、貸倒引当金繰入の金額は500,000×2%-2,000=8,000となります(差額補充法)。

仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
貸倒引当金繰入8,000貸倒引当金8,000

2.裏書手形を含まないで貸倒引当金を設定する場合

「裏書手形を含まない受取手形期末残高の2%の貸倒引当金を見積もる」場合の仕訳について考えてみます。

それぞれの手形の金額は1と同じで次の通りです。

  • 受取手形(裏書手形含む)…500,000円
  • 裏書手形…200,000円
  • 受取手形(手許有高)…500,000円-200,000円=300,000円

裏書手形を含まないで貸倒引当金を設定するので、貸倒引当金繰入の金額は300,000×2%-2.000=4,000となります(差額補充法)。

仕訳は次のようになります。

借方金額貸方金額
貸倒引当金繰入4,000貸倒引当金4,000

対照勘定法と評価勘定法の受取手形勘定

対照勘定法と評価勘定法の受取手形勘定について表でまとめると下のようになります。

 裏書手形・割引手形裏書手形・割引手形を含んで貸倒引当金を計算裏書手形・割引手形を含まずに貸倒引当金を計算
対照勘定法の受取手形勘定含まない手形裏書(割引)義務を加算そのまま
評価勘定法の受取手形勘定含むそのまま裏書(割引)手形を減算

この表は覚えてはいけません。次の2つを徹底することで覚えなくてもできるようにしておくのです。

  • 対照勘定法・評価勘定法それぞれの裏書手形・割引手形の仕訳をきちんと理解すること
  • 対照勘定法・評価勘定法の受取手形勘定が何を意味するのかをきちんと理解すること

コメント

タイトルとURLをコピーしました