剰余金の処分(配当金)の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では剰余金の処分(配当金)の取引と仕訳について解説します。

剰余金の処分(配当金)

株主への利益の分配を配当といいます。配当額は1株あたりいくらと決めるので、株主は持っている株式の数が多いほど配当額も多くなります。

ちなみに配当金を株主の立場で考えたときの仕訳は簿記3級で学習した受取配当金の取引と仕訳と同じになります。

剰余金の処分(配当金)の取引と仕訳

この例題では法定準備金の積立については考えないこととします。

繰越利益剰余金を原資(資金源)として配当を行った

「株主総会で繰越利益剰余金を原資として配当700,000円を利益処分することが確定した」場合の仕訳について考えてみましょう。

繰越利益剰余金を原資として配当金700,000円を支払っているので『(借)繰越利益剰余金700,000』となります。繰越利益剰余金は資本の勘定です。資本の減少なので借方となっています。

また、まだ配当金を支払っていないので、未払配当金で処理します。よって、『(貸)未払配当金700,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
繰越利益剰余金 700,000 未払配当金 700,000

その他資本剰余金を原資(資金源)として配当を行った

「株主総会でその他資本剰余金を原資として配当700,000円を当座預金により支払った」場合の仕訳について考えてみましょう。

その他資本剰余金を原資として配当金700,000円を支払っているので『(借)その他資本剰余金700,000』となります。その他資本剰余金は資本の勘定です。資本の減少なので借方となっています。

また、まだ配当金を支払っていないので、未払配当金で処理します。よって、『(貸)未払配当金700,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
その他資本剰余金 700,000 未払配当金 700,000

配当金の支払い

「株主総会で決定した利益処分である配当金700,000円の支払いを当座預金により行った」場合の仕訳について考えてみましょう。

当座預金で700,000円支払っているので、『(貸)当座預金700,000』となります。また、実際に支払うことで未払配当金という負債の勘定が減少します。よって、『(借)未払配当金700,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未払配当金 700,000 当座預金 700,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

“剰余金の処分(配当金)の取引と仕訳” への2件のフィードバック

  1. ゴンドラマスター より:

    今日から休み

    今日から15日間休みになります

    昨日まで【10講義】終了しました

    ですから1日2講義の目標でやり直したいと思います

    DVDとか2回連続で見るとすごく頭に入ります

    1講義が2時間半くらいですから2回見ると5時間にもなります

    あとは問題演習です

    来月は記述対策の漢字検定があるので漢字の勉強もしてます

    漢検2級とかかなり難しいです

    なんで漢字やるの?ということですが税理士試験の財務諸表論が最大の理由ですが全経1級対策にも役に立ちます

    もちろん日商1級会計の対策にもなります

    まさか・・簿記の勉強で漢字をやり直すとは知りませんでした

    • dokuboki より:

      確かに難しい漢字が出てきますね。『配賦』とかがいい例ですね。

      この休みはリードするいいチャンスですね。がんばってください。応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ