費用の繰延べの仕訳(簿記2級)

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では簿記2級の範囲における費用の繰延べの仕訳について解説します。

費用の繰延べ

費用の繰延べは簿記3級で学習しています(詳細は費用の繰延べの仕訳をご覧下さい)。

簿記3級では決算整理仕訳として次の仕訳を学習しました。

借方 金額 貸方 金額
前払保険料 ××× 支払保険料 ×××

簿記2級ではこの仕訳に加えて再振替仕訳という仕訳を学習します。

再振替仕訳

再振替仕訳とは、費用の繰延べなどの決算整理仕訳をした決算日の翌日(3月末決算であれば4月1日)に切る決算整理仕訳の逆仕訳のことです。

3月末決算の場合、3月31日に次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
前払保険料 ××× 支払保険料 ×××

この仕訳の逆仕訳である次の仕訳(金額は同じです)を4月1日に切るのです。

借方 金額 貸方 金額
支払保険料 ××× 前払保険料 ×××

では、なぜこの仕訳を切るのでしょうか。

再振替仕訳を切る理由

3月末決算の場合、3月31日に決算整理仕訳として次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
前払保険料 ××× 支払保険料 ×××

この仕訳は、当期に支払った支払保険料のうち翌期の分にあたるものを費用から引き(貸方に記入)、前払保険料という資産の勘定に振替えるという仕訳です。

この前払保険料という資産は、あくまで翌期の分だからと考えて資産としています。期が変わって当期になったので、この資産は資産ではなく費用に戻ります。よってこの前払保険料という資産の勘定を再び費用に戻さなければなりません。

そこで、前払保険料を資産から引き(貸方に記入)、支払保険料という費用の勘定に戻すのです。この仕訳は次の仕訳になります。

借方 金額 貸方 金額
支払保険料 ××× 前払保険料 ×××

再び振り替える仕訳なので再振替仕訳と言われます。この仕訳は通常は期首に行います。

費用の繰延べの再振替仕訳を含む流れ

費用の繰延べ(簿記2級)

費用の繰延べの再振替仕訳を含む流れは右の図のようになります。

費用の繰延べ(簿記2級)の取引と仕訳

保険料の繰延べ

「保険料は、毎年1月1日に1年分を支払っている。なお、保険料は毎年一定である(会計期間:平成×1年4月1日~平成×2年3月31日)。」場合の決算整理仕訳を考えてみましょう。

費用の繰延べにおける決算整理前残高試算表

なお、決算整理前残高試算表は右のようになっています。

以下、平成×2年3月31日の決算整理仕訳について考えるために、平成×1年1月1日から順を追って考えていきます。

平成×1年1月1日(前期の保険料の支払い)

毎年1年1月1日に1年分を支払っているので、平成×1年1月1日にも保険料を1年分支払っています。なので、平成×1年1月1日には次の仕訳を切っています(金額が現時点では不明なため、月数で表しています)。

借方 金額 貸方 金額
支払保険料 12か月分 現金など 12か月分

費用の繰延べにおける決算整理前残高試算表

この仕訳処理後の残高試算表は右のようになります。

平成×1年3月31日(前期決算日)

前期の決算日である平成×1年3月31日に、費用の繰延べの仕訳である次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
前払保険料 9か月分 支払保険料 9か月分

費用の繰延べにおける決算整理前残高試算表

この仕訳は前期の費用にならない平成×1年4月1日から平成×1年12月31日までの分の支払保険料9ヶ月分を次期(平成×1年4/1~平成×2年3月31日)に繰延べています。

この仕訳処理後の残高試算表は右のようになります。

平成×1年4月1日(当期期首)

決算日の次の日である平成×1年4月1日に再振替仕訳である次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
支払保険料 9か月分 前払保険料 9か月分

費用の繰延べにおける決算整理前残高試算表

この仕訳は、前期に次期(平成×1年4/1~平成×2年3月31日)の分として繰延べた保険料が、期が変わって次期が当期となることで、当期分の費用となります。

そのため、費用に戻す仕訳となります。この仕訳処理後の残高試算表は右のようになります。

ちなみに、前期に資産に振替えた前払保険料は資産として前期から繰越されてきますが、前期に費用として計上した支払保険料は決算振替仕訳で損益勘定に集計され、当期には繰越されません

資産・負債・資本は前期から繰越されますが、収益・費用は繰越されないのです。この点は非常に重要なので、ぜひとも今理解しておいてください。

平成×2年1月1日(当期の保険料の支払い)

毎年1年1月1日に1年分を支払っているので、平成×2年1月1日にも保険料を1年分支払っています。なので、平成×2年1月1日には次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
支払保険料 12か月分 現金など 12か月分

費用の繰延べにおける決算整理前残高試算表

この仕訳処理後の残高試算表は右のようになります。

平成×2年3月31日(当期決算日)

いよいよ当期の決算日です。この時点で、支払保険料の残高は21か月分になっています(平成×2年1月1日から変わりません)。保険料は毎年一定のため、この21ヶ月分が420,000円ということになります。よって、1か月分は、(420,000円÷21か月分=)20,000円となります。

この21か月分のうち9か月分が次期(平成×2年4月1日から平成×2年12月31日まで)の分なので、これを資産として次期に繰越します。9か月分は(20,000円×9ヶ月)=180,000円なので、この180,000円を次期に繰越すことになります。

よって仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
前払保険料 180,000 支払保険料 180,000

費用の繰延べにおける決算整理後残高試算表

また、この仕訳により決算整理後残高試算表は右のようになります。

支払保険料が当期分(12か月分)、前払保険料が次期分(9か月分)になっていることを確認しておいてください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

“費用の繰延べの仕訳(簿記2級)” への4件のフィードバック

  1. etoile より:

    こんばんわ。
    5ヶ月前に簿記2級の勉強を始めました。
    工業簿記からスタートしましたが、原価計算やグラフのようなもの…最初から行き詰ってしまいました(その後勉強を放棄しました)。
    工業簿記も教えていただきたいです。
    よろしくお願いします。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      工業簿記は商業簿記2級が一段落したら開始しようと思っています。工業簿記も簿記なので、商業簿記の考え方をきちんと身につけておく必要があるからです。

      工業簿記の開始は6月頃になりそうですが、それまでに商業簿記をマスターしておくとスムーズに工業簿記に入っていけるかと思います。

      • etoile より:

        そうですか、わかりました。
        でしたら、先に商業簿記の方から勉強を始めます。
        今年11月の試験を目標にします。

        • dokuboki より:

          そうですね。商業簿記の方から学習した方が効率がいいと思います。工業簿記はあとの楽しみに取っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ