手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の取引と仕訳について解説します。偶発債務の処理は対照勘定法と評価勘定法がありますが、現在ではどちらも簿記2級の試験範囲からは外れています。参考程度にご覧ください。

手形の裏書譲渡にともなう偶発債務

手形の裏書

簿記3級で学習したように、受け取った手形を取引先に譲渡することを裏書譲渡といいます。

図で表すと次のような形になります。

通常は裏書した手形の支払人がこの手形を決済するのですが、万が一支払人が支払えなくなった場合、手形を裏書譲渡した当社が支払人に代わって手形代金を支払わなければなりません(手形法により決まっています)。

図で表すと次のような形になります。

裏書譲渡にともなう偶発債務

このように、ひょっとすると支払わなければならなくなる債務を偶発債務といいます。

簿記3級では偶発債務については範囲外でしたが、簿記2級では範囲に入っています。

手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の仕訳(対照勘定法)

手形の裏書譲渡(対照勘定法)

「A商店に対する買掛金100,000円分の支払として、かねてB商店より売掛金の代金として受け取っていた当社宛の約束手形を裏書譲渡した」場合の仕訳を考えてみます。

簿記3級の範囲では、次の仕訳を切っていればそれで終了でした。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 100,000 受取手形 100,000

しかし、簿記2級では、偶発債務の仕訳が必要になります(現在は簿記2級の範囲からは外れていますが、便宜上簿記2級の範囲内という体でお伝えします)。

受取手形100,000円を裏書譲渡したことで、将来この100,000円を支払人が支払えなかった場合、当社が支払わなければならなくなるかもしれません。この偶発債務の仕訳を切ります。

この偶発債務を負債の勘定である「手形裏書義務」という勘定を使って『(貸)手形裏書義務100,000』と処理します。

この手形裏書義務という勘定は負債の勘定ですが、仕訳を切った時点では必ず支払わなければならないものではありません。そのため、厳密には負債の勘定ではないのですが、最も近いのは負債なので、ここでは負債としておきます。

問題は借方です。借方は「手形裏書義務見返」という勘定で処理します。この手形裏書義務見返という勘定は支払請求権を意味します。

この手形代金を支払わなければならなくなった時点で、手形裏書義務が現実の負債になるのですが、それと同時に支払人に手形代金を請求する権利も発生します。

支払人は支払うことができなくなっているので、取り立てることができるかどうかは分かりませんが、請求する権利は発生します。この権利を手形裏書義務見返という勘定で表すのです。というわけで、『(借)手形裏書義務見返100,000』となります。

この手形裏書義務見返という勘定も手形裏書義務同様、仕訳を切った時点では必ず受け取ることができるものではありません。そのため、厳密には資産の勘定とは言えないのですが、最も近いのは資産なので、ここでは資産としておきます。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
買掛金
手形裏書義務見返
100,000
100,000
受取手形
手形裏書義務
100,000
100,000

ちなみに、2段目の仕訳を備忘仕訳と言います。1段目の仕訳だけだとどれだけ偶発債務が残っているか仕訳帳からは分からなくなります。そこで、偶発債務を忘れてしまうことに備えるためにこの仕訳を切るのです。

手形の決済(対照勘定法)

「上記の手形が無事決済された」場合の仕訳について考えてみます。

簿記3級の範囲では、ここでは仕訳は必要ありませんでした。手形の決済は支払人と受取人の取引なので、支払人でも受取人でもない当社は関係ありません。よって仕訳は必要ないのです。

しかし、簿記2級では次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
手形裏書義務見返 100,000 手形裏書義務 100,000

この仕訳は手形代金を将来支払うことになるかもしれないからということで切った仕訳です。手形が無事に決済されたことで、この仕訳も不要になります。よって次の仕訳を切って、偶発債務の仕訳を消去します。

借方 金額 貸方 金額
手形裏書義務 100,000 手形裏書義務見返 100,000

手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の仕訳(評価勘定法)

手形の裏書譲渡(評価勘定法)

「A商店に対する買掛金100,000円分の支払として、かねてB商店より売掛金の代金として受け取っていた当社宛の約束手形を裏書譲渡した」場合の仕訳を考えてみます。

簿記3級の範囲では、次の仕訳を切っていればそれで終了でした。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 100,000 受取手形 100,000

簿記2級では、偶発債務の仕訳が必要になります(現在は簿記2級の範囲からは外れていますが、便宜上簿記2級の範囲内という体でお伝えします)。

受取手形100,000円を裏書譲渡したことで、将来この100,000円を支払人が支払えなかった場合、当社が支払わなければならなくなるかもしれません。この偶発債務を仕訳で表します。

評価勘定法では「裏書手形」という評価勘定を使います。裏書手形勘定は受取手形勘定の評価勘定です。そのため、マイナスの資産の勘定となります。

手形を裏書譲渡したときに直接受取手形を減額するのではなく、裏書手形という勘定を使って受取手形の減少を表します

そこで、『(貸)受取手形100,000』ではなく、『(貸)裏書手形100,000』とするのです。こうすることで、裏書手形の勘定の金額が偶発債務の金額を表します。

よって仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 100,000 裏書手形 100,000

考え方は減価償却の間接法で出てきた減価償却累計額と似ています。

評価勘定法での各勘定の金額は次のような意味になります。

  • 受取手形勘定…手形債権の合計額(裏書譲渡分含む)
  • 裏書手形勘定…裏書譲渡した手形の合計額(偶発債務の合計額)
  • 受取手形勘定-裏書手形勘定…実質的な手形債権の金額

手形の決済

「上記の手形が無事決済された」ときの仕訳について考えてみます。

簿記3級の範囲では、ここでは仕訳は必要ありませんでした。手形の決済は支払人と受取人の取引なので、支払人でも受取人でもない当社は関係ありません。よって仕訳は必要ないのです。

しかし、簿記2級では次の仕訳を切っています。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 100,000 裏書手形 100,000

まだ、受取手形を直接減額していませんし、偶発債務を表す裏書手形の勘定も残っています。手形が無事に決済されたことで、裏書手形の勘定はなくなりますし、受取手形を直接減額してもよくなります

よって、『(借)裏書手形100,000』とすることで裏書手形勘定を減額し、『(貸)受取手形100,000』とすることで受取手形も減額します。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
裏書手形 100,000 受取手形 100,000

この仕訳を切って、偶発債務を消去するのです。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

“手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の取引と仕訳” への10件のフィードバック

  1. yoko より:

    ■はじめまして♪

    読者登録ありがとうございます(^-^)/

    簿記2級を勉強しているので
    参考にさせて頂きます。

  2. LUCKY より:

    確認させて頂きました。
    ありがとうございました。

  3. ma-kun☆ より:

    偶発債務の問題といえば「保証債務」しか学習していませんでした。

    2級の問題集を確認してみたところ裏書義務の問題は載っていませんでした・・・

    保証債務と考え方が似ていますね・・・保証債務と裏書義務とでは全く意味が違うのでしょうか???

    まだまだ勉強不足なので教えてください!!

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。精読していただいて嬉しいです。

      裏書義務に関しては出題される確率が低いので、載っていない問題集は多いかと思います。

      保証債務の考え方は貸倒引当金の設定に非常に似ています。手形の遡及義務に貸倒引当金を設定しているイメージですね。金額は貸倒引当金と同じように「手形の額面金額に貸倒実績率(保証債務では時価と言われます)をかけた数字」を記入します。

      それに対して裏書義務は対照勘定です。考え方としては、対照勘定法で試用販売を記帳する場合の商品を試送したときの仕訳『(借)試用未収金/(貸)試用仮売上』に似ています。

      この場合、売上も発生していませんし、売上債権を手に入れたわけでもありませんので簿記上の取引ではありません。商品を試送したことを忘れないために仕訳を切っています。

      これと同じ考え方です。手形を裏書したことを忘れないために仕訳を切っています。そのため、金額は「手形の額面金額」をそのまま記入します。

      ちなみに、手形を裏書したかどうかは受取手形記入帳を見れば分かります。また、『(借)裏書義務見返/(貸)裏書義務』については貸借対照表には記入せず、注記でも大丈夫です。そう考えると、裏書義務の仕訳は必要ないとも言えます。そのため試験ではあまり出題されないのです。

  4. みかん より:

    こんにちは、いつもお世話になっております。

    備忘記録について教えてください。

    手形裏書義務見返  手形裏書義務
    試用販売契約       試用仮売上
    割賦販売契約       割賦仮売上
    保証債務見返       保証債務

    私が知っている備忘記録はこれだけですが、仕訳けはわかるのですが、これがその後どうなるのかがわかりません。

    126回の2級の試験において残高試算表に
    割賦販売契約  割賦仮売上がのっていることからおそらく他の備忘記録も試算表にはのるだろうとは思っています。

    またリョウさんがこの記事でma-kun☆さんにコメントしている内容をみると財務諸表にはのせることもできるし、のせないことも可能であるように読み取れます。

    財務諸表に載せるとして試用販売契約を資産にのせたときとのせないときでは資産の総額がそのぶん変わってくるのですが、そのこと自体は問題はないのでしょうか(実際にのっている財務諸表を探し出せないためおかしな発言をしているかもしれません)?

    また、財務諸表に載せないとしたら翌期の試算表にものらないことになると思うのですが、これでは備忘記録の意味がないと思うのですがどうでしょうか?

    また決算の勘定の締め切りにおいて試用仮売上は損益勘定に振り替えるのでしょうか(売れてもないのに振り替えることはないとは思いますが、だとしたら試用仮売上勘定は締めきれないですし・・・)?

    備忘記録は期中しか理解できていないため、おかしな質問になっているかもしれませんが、教えてください。
    よろしくお願いします。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      備忘記録についてですが、みかんさんのおっしゃるように、備忘記録は試算表には載ります。しかし、財務諸表には勘定としては記載されず、注記という形で記載されます。

      備忘仕訳の勘定は資産・負債・資本・収益・費用のどれにもあてはまらない勘定であるため、一人前の勘定ではないとされているからです。

      また、翌期の試算表(繰越試算表)は締切ったあとの資産・負債・資本の総勘定元帳を使うことになるので、備忘記録は残っています(備忘記録の勘定が資産・負債・資本のどの勘定に属するかはここでは重要ではありません、総勘定元帳が存在することが重要です)。

      試用仮売上は損益勘定では振り替えません。収益にはならないからです。大陸式か英米式かによりますが、資産・負債・資本に準じて締切ります。

      箇条書きのような感じでご質問にお答えしました。備忘仕訳の勘定は半人前の勘定であるため、財務諸表には注記として表示、帳簿では資産・負債・資本に準じた処理を行うという理解でいいと思います。

      • みかん より:

        お答えありがとうございました。
        おかげ様でとてもスッキリしました。

        備忘記録の勘定が資産・負債・資本の締め切り方で処理するとは想像もしていませんでした。

        また貸借対照表と繰越資産表の違いはは勘定科目の名前が変わること、評価勘定の記載方法が異なること、当期純利益の記載だけだと思っていたので、備忘記録がのるのらないの違いがあるとは思っていませんでした。

        この度は質問にわかりやすく教えていただきありがとうございました。
        またよろしくお願いします。

        • dokuboki より:

          備忘記録については私も納得のいかないところがあります。備忘記録だというのであれば、仕訳ではなく補助簿で対応して欲しいところです。

          お役に立てて嬉しいです。簿記の勉強がんばってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ