消費税の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では、消費税の取引と仕訳について解説します。

消費税

コンビニなどで何かを買ったとき、100円につき8円の割合で支払っている税金があります(税率8%)。この税金を消費税といいます。近年この税金は商品の値段の中に含まれているため表には書かれていない場合もあります。

消費税の性質

消費税という税金は消費する人が支払わなければなりません(だから消費税という名前がついています)。この点をきちんと理解しておくことが消費税の理解につながります。まず次の図を見てください。

消費税

消費税の動きはこの図のようになります。この図をパッと見ると、「消費者」だけでなく「当社」も税金を納めているように見えます。

しかし、当社はこの商品を消費しないので消費者ではありません。販売業者です。よって、当社は税金を仕入先に支払ってはいますが、納めているわけではありません。

この点を理解するために金額を入れて考えてみましょう。商品を仕入れたときの価格(仕入価格)が100円、消費者に売却したときの価格(売却価格)が300円としましょう。これらはどちらも税抜価格です。この例を先ほどの図にあてはめると次のようになります。

消費税の具体例

ここで納めている消費税の金額を確認してみましょう。

消費税は消費者が納める税金でした。この商品の金額は300円(税抜)なので、この消費者が納めるべき消費税の金額は24円(300円×消費税率8%)です。

そして、直接国に消費税を納めている各企業は、次のようになります。

  • 仕入先…8円(当社から受け取った消費税8円)
  • 当社…16円(消費者から預かった消費税24円-仕入先に支払った消費税8円)

これらの企業が国に支払う消費税の金額の合計は消費者が納めるべき金額に一致しています

つまり、当社と仕入先は消費者から消費税を預かって、消費者のかわりに国に納めているということです。なので、消費者から受け取った消費税は仮受金としての性質を持ちますし、仕入先に支払った消費税は仮払金としての性質を持つことになります。

消費税の会計処理

消費税の会計処理には「税込経理方式」と「税抜経理方式」の2つがあります。このうち、「税込経理方式」は売上や仕入の金額を税込みで記帳する方法で、今まで学習してきた仕訳と同じです。特別な勘定科目を使うこともありません。

これに対して、「税抜経理方式」は消費税分の金額を売上や仕入から切り離して記帳することになります売上時に消費者から仮に預かった消費税を「仮受消費税」、仕入時に仕入先に仮に支払った消費税を「仮払消費税」として記帳します

消費税(税込方式)の取引と仕訳

商品を売上げた

「商品600,000円(税抜金額)を売上げ、消費税48,000円とともに現金で受け取った。なお、当社は税込経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

商品代金600,000円と消費税48,000円の合計金額を現金で受け取っています。よって、『(借)現金648,000』となります。

次は貸方です。税込経理方式では、売上と消費税を切り離しません。まとめて売上で処理します。よって『(貸)売上648,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 648,000 売上 648,000

商品を仕入れた

「商品400,000円(税抜金額)を仕入れ、消費税32,000円とともに現金で支払った。なお、当社は税込経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

商品代金400,000円と消費税32,000円の合計金額を現金で支払っています。よって、『(貸)現金432,000』となります。

次は借方です。税込経理方式では、仕入と消費税を切り離しません。まとめて仕入で処理します。よって『(借)仕入432,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕入 432,000 現金 432,000

消費税額を計上した

「当社は決算において消費税を計上した。なお、売上にかかる消費税は48,000円、仕入にかかる消費税は32,000円であり、納付はまだ行っていない。また、当社は税込経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

売上にかかる消費税が48,000円ということは仮に受け取った消費税額が48,000円あるということを意味しています。また、仕入にかかる消費税が32,000円ということは仮に支払った消費税額が32,000円あるということを意味しています。

よって、実際に納税しなければならない消費税の金額は(48,000円-32,000円=)16,000円となります。

この16,000円を後で国に納めなければなりません。この「消費税を後で納める義務」は未払消費税という勘定科目で処理します。よって、『(貸)未払消費税16,000』となります。

後は借方です。借方は税金の費用を表す租税公課を使います。よって、『(借)租税公課16,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
租税公課 16,000 未払消費税 16,000

消費税(税抜方式)の取引と仕訳

商品を売上げた

「商品600,000円(税抜金額)を販売し、消費税30,000円とともに現金で受け取った。なお、当社は税抜経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

商品代金600,000円と消費税30,000円の合計金額を現金で受け取っています。よって、『(借)現金630,000』となります。

問題は貸方です。税抜経理方式では売上と消費税を切り離して仕訳します。まずは売上です。商品を税抜金額で600,000円売上げているので、『(貸)売上600,000』となります。

次に消費税です。消費税30,000円を受け取っています。この30,000円は消費者から預かっているだけです。仮に預かっている消費税は「仮受消費税」という勘定科目を使って処理します。よって『(貸)仮受消費税30,000』となります。

ちなみに、仮受消費税は仮受金と同じで負債の勘定になります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金 630,000 売上
仮受消費税
600,000
30,000

商品を仕入れた

「商品400,000円(税抜金額)を仕入れ、消費税20,000円とともに現金で支払った。なお、当社は税抜経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

商品代金400,000円と消費税20,000円の合計金額を現金で支払っています。よって、『(貸)現金420,000』となります。

問題は借方です。税抜経理方式では仕入と消費税を切り離して仕訳します。まずは仕入です。商品を税抜金額で400,000円仕入れているので、『(借)仕入400,000』となります。

次に消費税です。消費税20,000円を支払っています。この20,000円は消費者の代わりに仮に支払っているだけです。仮に支払っている消費税は「仮払消費税」という勘定科目を使って処理します。よって『(借)仮払消費税20,000』となります。

ちなみに、仮払消費税は仮払金と同じで資産の勘定になります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仕入
仮払消費税
400,000
20,000
現金 420,000

消費税額を計上

「当社は決算において消費税を計上した。なお、売上にかかる消費税は30,000円、仕入にかかる消費税は20,000円であり、納付はまだ行っていない。また、当社は税抜経理方式を採用している。」場合の仕訳について考えてみましょう。

売上にかかる消費税が30,000円ということは仮受消費税の帳簿残高が30,000円あるということを意味しています。また、仕入にかかる消費税はが20,000円ということは仮払消費税の帳簿残高が20,000円あるということを意味しています。

実際に消費税額を計上することで仮払いや仮受けという状態ではなくなります。というわけで「仮受消費税」と「仮払消費税」の勘定科目は相殺することになります。よって、『(借)仮受消費税30,000』『(貸)仮払消費税20,000』となります。

また、借方と貸方の差額である(30,000円-20,000円=)は1実際に国に納めるべき消費税額ということになります。まだ納付は行っていないので、「未払消費税」という勘定科目で処理します。よって、『(貸)未払消費税10,000』となります。

ちなみに、この「未払消費税」という勘定科目は、後で国に納付すべき金額を表しているので負債の勘定になります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税 30,000 仮払消費税
未払消費税
20,000
10,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“消費税の取引と仕訳” への12件のフィードバック

  1. すーさん より:

    ■残念

    残念ながら、2級。落ちてしまいました。

    少し準備不足気味であったのですが、自信があったところもあったので、うまくすればギリギリかも・・・と思っていたので、
    結構がっくしです。
    こうなったら、意地でも合格したいです。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      惜しかったですね。準備不足だったところをきちんと準備すれば大丈夫ですよ。意地でも合格しましょう。応援しています。

      • すーさん より:

        ■2級試験範囲

        コメントありがとうございました。
        先日、税務署のバイトをしてきました。
        2級を勉強していたおかげで、
        消費税の中間納税など、
        一目で、法人(株式会社)の申告書だとわかるなど、結構役に立ちました。
        内容などは、数字さえ全く記憶に残らないほど、大量の書類を処理しましたが、
        とても面白かったです。

        ところで、
        先日、商工会議所の試験サイトを観ていましたことろ、この6月からの2級の試験出題範囲の改定が好公表されていましたが、
        どの程度の変更であるのか、若干わかりません。
        改訂されたところは、きっと次回131回の試験に出ると思うので、
        ちょっと不安です。

        • dokuboki より:

          コメントありがとうございます。

          私も出題区分表の改定は見ましたが、特に気にするほどの改定ではないと感じています。

          実質的に影響がありそうなのは簿記2級の「売上割戻引当金」のところだけでしょう。ここのところも仕訳が切れれば特に問題ないと思います。

          改定はあまり気にせず学習を継続するのがベストではないでしょうか。

          • すーさん より:

            ありがとうございます

            確かに、それができないというよりも、
            全体を理解把握できているという事の方が
            たいせつですよね。

            • dokuboki より:

              そうですね。簿記検定の試験範囲というものは、「試験範囲が先にあって、その試験範囲を元に問題を作る」というよりも「試験問題の最近の傾向を見て、試験範囲が後から公表される」という性質が強いものです。そのため、試験範囲が改正されたからといって、その部分が出るとは一概には言えない面があります。

              ちなみに会計基準が変更されて、その変更が試験問題に反映するようになった場合は試験問題にその変更範囲が出る傾向があります。

              少々細かい話になりましたが、簿記検定の試験範囲については特に目を光らせていなくても大丈夫です。安心してこれまで通り学習をしてください。

  2. ウィングたかはし より:

    ■2級

    すーさん、私が言うのもなんですが、絶対に合格されてください(b^-゜)

    ・・この消費税の説明、分かりやすく、感動しました。

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。

      私もすーさんに、もっと言えばこのブログをご覧になっている全ての方に合格してほしいと思っています。

      消費税の記事へのお褒めの言葉、ありがとうございます。

  3. むぅ。 より:

    ■お久しぶりです

    初めての日商簿記検定試験の挑戦は、とりあえず成功しました(o^∀^o)と言っても三級ですが(笑)
    独学でとれたと思うとなんだか嬉しくなっちゃいました(笑)

    次は、二級をとろうと思うので、引き続き、このblogを参考にさせていただきながら、頑張りたいと思います(^O^)

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。お久しぶりです。

      簿記合格おめでとうございます。何級なのかに関わらず、がんばって合格したことに価値があると私は思います。私も最初の簿記合格は3級でした。

      簿記3級をしっかりと身につけておけば簿記2級もスムーズに身につきます。これからも簿記の学習がんばってください。私も参考にしてよかったと思ってもらえる記事を更新していきます。

  4. ハンディとうまくつきあい、楽しく生きる方法 より:

    ■仕訳

    はじめまして、ハンディばりばりのプレデターです。
    仕訳って、おもしろいですね。
    現金を受け取るなら借方に、支払うなら貸方に記入しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ