連結会計における手形取引の相殺消去

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では連結会計における手形取引の相殺消去について解説します。

手形取引の相殺消去

企業集団内部で手形取引を行っている場合、これまで学習した債権債務の相殺消去と同じように受取手形と支払手形を相殺消去します。この考え方はこれまでと同じなのですが、裏書や割引を行って企業集団外部に譲渡している場合は会計処理の方法が変わってきます。

企業集団内部で振り出した手形を裏書きして企業集団外部に譲渡した場合、企業集団を一つの組織として見ると、企業集団が手形を振り出したのと同じになります。なので連結会計では「支払手形」となります。図で表すと次のようになります。

裏書手形の相殺消去

また、企業集団の内部で振り出した手形を企業集団の外部の銀行で割り引いた場合、企業集団を一つの組織として見ると、企業集団が手形を振り出して銀行から資金を借りたのと同じことになります。なので連結会計では「借入金」となります。

※(勘定科目(帳簿で使われる科目)としては「手形借入金」なのですが、連結会計では表示科目(財務諸表で使われる科目)で仕訳を切っているので「借入金」を使います。)

図で表すと次のようになります。

割引手形の相殺消去

ちなみに、貸借対照表では手形の裏書高や割引高は受取手形から直接控除されています。なので手形の裏書高は支払手形として、手形の割引高は借入金として新たに計上することになります。

手形取引の相殺消去の具体例

S社は当期中に親会社である当社に対して約束手形1,600,000円を振り出した。当社は受け取った約束手形のうち320,000円を銀行で割り引き、480,000円を仕入れ代金の支払いのために仕入先に裏書譲渡した。

残額800,000円は当期末現在保有している。当社とS社の当期の貸借対照表(一部)は次の通りである。

貸借対照表

(注)裏書手形480,000円と割引手形320,000円が控除されている。

これらの資料をもとに必要な連結修正仕訳を考えてみましょう。

この資料では「通常の手形取引(当期末に保有)」「裏書手形」「割引手形」の全てがあります。一つずつ考えていきましょう。

通常の手形取引の処理

当期末に保有しているのは800,000円です。この場合は親会社の受取手形勘定と子会社の支払手形勘定を相殺消去します。よって『(貸)受取手形800,000』『(借)支払手形800,000』となります。

裏書手形の処理

次に裏書手形480,000円についてです。裏書手形は支払手形勘定で処理するので『(貸)支払手形480,000』となります。また子会社の支払手形勘定と相殺するので『(借)支払手形480,000』となります。

割引手形の処理

最後に割引手形320,000円についてです。割引手形は借入金勘定で処理するので『(貸)借入金320,000』となります。また子会社の支払手形勘定と相殺するので『(借)支払手形320,000』となります。

借方 金額 貸方 金額
支払手形 1,600,000 受取手形
支払手形
借入金
800,000
480,000
320,000

仕訳部分は借方と貸方の支払手形勘定を相殺して次のようにしても構いません。

借方 金額 貸方 金額
支払手形 1,120,000 受取手形
借入金
800,000
320,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ