手形の取立の実務でよくある不適切な仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。手形の取り立ては簿記検定の学習ではあまり細かいことまでは学習しません。そこで、この記事では手形の取立の実務について解説します。

手形の取立の実務でよくある不適切な仕訳

手形の取立は通常は次のような流れで行います。

  1. 手形を受け取る
  2. 支払期日前に手形の取立を銀行に依頼する(手形を引き渡す)
  3. 支払期日に銀行が手形代金を取り立て銀行口座に入金する

2は遅くとも支払期日の1週間前には行うのが一般的です。受け取った直後に取立依頼を行うこともあります。

問題は「2の段階で仕訳を切るのか」です。

手形を引き渡しているので「(貸)受取手形×××」としたい気持ちは分かりますが、この手形の引き渡しはあくまでも渡しただけで手形代金を受け取る権利(債権)を銀行に渡した訳ではありません。なので仕訳は切らないのです。会計的にはこれが正解です。

ですが、実務上は2の段階で次のような仕訳を切る例があります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 ××× 受取手形 ×××

この仕訳は正確には3の段階で切るべきものです。本当はまずいのです。貸方の受取手形は手形を引き渡しているから百歩譲ってよしとしても、借方の当座預金は3の段階になるまでは増えないから完全な誤りとなります。

ですが、やはりここで仕訳を切った方が手軽だからということで切る例もあります。きちんと支払期日に手形代金が振り込まれれば特に問題は発生しないのですが、次の2つのことが起こった場合、問題となります。

  1. その手形が不渡りとなった場合
  2. 支払期日が決算日以降の場合

1.その手形が不渡りとなった場合

手形が不渡りとなれば銀行から手形が差し戻され、代金を支払わなければなりません(これを「手形の買い戻し」といいます。)。なので不渡りとなれば次の仕訳を切ることになります。

借方 金額 貸方 金額
不渡手形 ××× 当座預金 ×××

受取手形が不渡りになっただけでは手形代金が受け取れなくなるだけなので、本当であれば当座預金が減少することはありません。しかし、取立依頼の段階で先走って当座預金を増加してしまっているので、「(貸)当座預金×××」となるのです。

「取立依頼の段階で仕訳を切る」という不適切な仕訳を切ったせいで、そのしわ寄せが「当座預金が減らないのに貸方に当座預金が出てくる」という簿記的にはありえない仕訳を切ることになってしまいます。

2.支払期日が決算日以降の場合

支払期日が決算日以降の場合、先ほどの仕訳を取り消さなければならないので、決算整理仕訳で次の仕訳を切らなければなりません。

借方 金額 貸方 金額
受取手形 ××× 当座預金 ×××

この仕訳は完全に二度手間です。「取立依頼の段階で仕訳を切る」という不適切な仕訳を切らなければ必要なかった仕訳を切ることになります。

このように、一見手軽だからという理由で不適切な仕訳を切った場合、後々そのしわ寄せが来ます実務でも「企業独自のルール」などを作らずに、適切な仕訳を切るべきだと思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ