源泉徴収と年末調整

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

毎年年末になると人事部や事務部から申請書を渡され、その申請書を提出すると一度納めた税金が戻ってきます。これを「年末調整」というのですが、この年末調整で何が行われているのかは意外と知られていません。

そこで、この記事では源泉徴収と年末調整について解説します。

年末調整

年末調整は従業員の側からやることは「申請書類の提出」だけで、後は自動で現金が振り込まれます。この裏では次のようなことが行われています。

  1. 企業が従業員の代わりに所得税をおよその金額で納める
  2. 所得税を正確に計算しなおす
  3. 多く取りすぎていた分を従業員に返す

1.企業が従業員の代わりに所得税をおよその金額で納める

所得税は法律で企業が代わりに納めることが決められています。なので、企業は給料を支払うときに所得税を差し引き、残りを給料として振り込みます。このとき企業が切る仕訳は、簿記3級で学習する次のような仕訳です。

借方 金額 貸方 金額
給料 ××× 当座預金
所得税預り金
×××
×××

2.所得税を正確に計算しなおす

所得税は毎月納めるのですが、所得税の税率は年収によって変わってきます。年収は1年が終わらなければ分からないので、毎月納める所得税は不確定な税率をもとに計算していることになります。

また、所得税には様々な控除があるのですが、これは1年が終わらなければ分からないものもあります。子どもがいると所得税が控除されるという制度があるのですが、1年の間に子どもが生まれた場合、1年の途中に納めた所得税には控除が反映されていません。

このような理由により、1で納めた所得税は正確な所得税とは一致しないことがほとんどです。このズレを計算します。

ちなみに、このズレの計算は国が行うので、企業は「仕訳なし」となります。

3.多く取りすぎていた分を従業員に返す

1での所得税額はたいていの場合「納めすぎ」になっています。税金を徴収できなくなっては困るからです。なので、2で正確に計算した場合、たいていは納めすぎになっています(ごくまれに「予想外の巨額ボーナス」などがあった場合、追加納付になることがあります。)。

なので一度納めた税金が返ってくるのです。 これが年末調整です。

ちなみに、年末調整による税金の返還は、国から従業員に直接支払われるので、企業は「仕訳なし」になります。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ