発送諸掛は売上から控除しない理由

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では発送諸掛は売上から控除しない理由ついて解説します。

発送諸掛は売上から控除しない理由

「A商店に商品300,000円分を掛で売上げ、送料20,000円を現金で支払った」場合(送料当社負担)の仕訳は次のようになります(詳しくは発送諸掛の取引と仕訳をご覧ください)。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

また、収益と費用は対応していなければいけません(詳しくは仕入諸掛を仕入勘定に含める理由をご覧下さい)。では、なぜ仕入諸掛のときと同じように発送諸掛を売上から控除して次のようにしてはいけないのでしょうか。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上
現金
280,000
20,000

それ以前に、なぜ次の仕訳が認められているのでしょうか。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

発送諸掛の場合は収益と費用は対応している

仕入諸掛の場合、次の仕訳では収益と費用が対応しないため認められません。

借方 金額 貸方 金額
仕入
発送費
150,000
10,000
買掛金
現金
150,000
10,000

送料を発送費勘定で処理してはいけないのです。しかし、発送諸掛では、次の仕訳が認められています。

借方 金額 貸方 金額
売掛金
発送費
300,000
20,000
売上
現金
300,000
20,000

送料を発送費勘定で処理してもいいのです。発送諸掛の場合は収益と費用が対応しているからです。仕入諸掛は仕入れた時点で発生するので、売れたか売れなかったかに関わらず発生します。

しかし、発送諸掛は売れた時点で初めて発生するので、売上げた分しか発生しないのです。そのため、発送諸掛を全て費用として処理しても収益と費用は対応しているのです。

では、なぜ次の仕訳は認められないのでしょうか。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上
現金
280,000
20,000

費用及び収益は、総額によって記載することを原則とする

収益と費用は総額で記載しなければなりません(収益と費用に限りませんが…)。売上100円、この売上に対応する費用が80円だった場合に、勝手に純額にして、利益20円と記帳するわけにはいかないということです。

これをやってしまうと、売上の規模が分からなくなってしまいます。利益が10,000円だと分かっても、収益1,000,000円、費用990,000円で利益が10,000円なのか、収益20,000円、費用10,000円で利益10,000円なのか分からないのです。

売上の規模は投資家などの利害関係者にとって重要な情報です。売上の規模が分かるように費用と収益は総額で記載しなければならないのです。ところが、次の仕訳は、総額によって記載しなければいけないという決まりを破ってしまっています。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 300,000 売上
現金
280,000
20,000

売上と費用(送料)が相殺されてしまっているのです。これでは売上の規模が小さく見えてしまいます。というわけで、この処理は認められないのです。

このような形で理解しておくと仕入諸掛と発送諸掛の処理の違いを混同しないと思います。仕訳は丸暗記ではなく、理解してから覚えるという形を徹底しておきたいところです。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

“発送諸掛は売上から控除しない理由” への2件のフィードバック

  1. 小林 より:

    ■回答願います。

    「また、収益と費用は対応していなければいけません(詳しくは仕入諸掛はなぜ仕入勘定に含めるのか をご覧下さい)。
    では、なぜ仕入諸掛 のときと同じように発送諸掛を売上から控除して

    (借)売掛金 300,000/(貸)売上 280,000
                 /(貸)現金  20,000
    ではいけないのでしょうか。」

    とありますが、この場合、
    (借)売掛金 320,000/(貸)売上 300,000
    /(貸)現金 20,000

    ではないでしょうか?

    • dokuboki より:

      コメントありがとうございます。早速ご質問にお答えします。

      小林さんがおっしゃている仕訳は「送料を負担するのが取引先で、その立替払いを当社が行った」と場合に考えられる仕訳になります。

      この例題では送料は当社が負担しているので送料を取引先に請求することができません。なので売掛金に加算することができません。

      このようにお考えになるとよろしいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ