商品売買の記帳方法の学習の流れ

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

簿記3級では商品売買については三分法をまず学習します。ですが、この三分法はいきなり学習すると非常にイメージしづらいといえます。そこで、この記事では簿記4級で学習する「分記法」からの流れで商品売買の記帳方法を解説します。

分記法

もともと商品売買の記帳方法は分記法が最初だといわれています。分記法は有価証券などの売買と同じ考え方で仕訳を切ります。具体的には次のような仕訳になります。

商品10,000円を現金で仕入れた。

借方 金額 貸方 金額
商品 10,000 現金 10,000

先ほど仕入れた商品を15,000円で現金で売り上げた。

借方 金額 貸方 金額
現金 15,000 商品
商品販売益
10,000
5,000

この仕訳の「商品」を「有価証券」に置き換えればそのまま有価証券の売買の仕訳と同じになります。

さて、この分記法なのですが、実際にこの会計処理を使える業種は限られています。売却時に原価が分かっていなければ売却の仕訳が切れないからです。

宝石や不動産など、少数で単価の高い商品を取り扱っている業種ならまだしも、通常の商品販売業では売却時に原価がいくらなのかはまず分かりません。

そこで、一般的な商品販売業でも使える会計処理が考えられました。それが三分法です。先ほどの取引は三分法の場合次のようになります。

商品10,000円を現金で仕入れた。

借方 金額 貸方 金額
仕入 10,000 現金 10,000

先ほど仕入れた商品を15,000円で現金で売り上げた。

借方 金額 貸方 金額
現金 15,000 売上 15,000

これなら、売却時に原価が分からなくても仕訳を切ることができます。ただ、仕入れた商品である「仕入」と売り上げた商品である「売上」が対応しないので、決算整理仕訳で売上原価を計算する必要があります。

このような流れで三分法を考えると、理解しやすいかもしれません。

ちなみに、分記法と三分法の間に総記法を入れるという考え方もありますが、総記法自体は簿記1級の内容なので、あえて三分法の学習前に入れる意味はないと考えています。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ