【評価勘定】資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目

スポンサーリンク
  • 資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目が出てくるんだけど……
  • 資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目をどう考えたらいいのか分からない
  • 評価勘定について教えて!

簿記を勉強していると資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目が出てきますが、仕訳を考える上で混乱してしまうケースが非常に多いです。

特に評価勘定は簿記3級から登場することもあり、多くの人が混乱しています。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん簿記で出てくる資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目についても熟知しています。

この記事では評価勘定を中心に資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目について解説します。

この記事を読めば資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目についての考え方が分かるので、不必要に悩んでしまうことがなくなります。

資産・負債・資本・収益・費用の分類は絶対的なものではありません。簿記を学習するときは「分類にこだわるのではなく取引を理解するために分類を利用する」という姿勢が大切です。

スポンサーリンク

【評価勘定】資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目

勘定科目は原則として資産・負債・資本・収益・費用に分類できます。ですが、あくまでも原則で、全ての勘定科目が資産・負債・資本・収益・費用に単純に分類できるわけではありません。

資産・負債・資本・収益・費用に分類できない勘定科目には次のようなものがあります。

  • 評価勘定
  • 混合勘定
  • 対照勘定
  • 未決算勘定
  • 決算勘定

評価勘定:特定の資産・負債・資本をマイナスする勘定科目

評価勘定は実は資産・負債・資本(純資産)のどれかにきちんと区分されます。

しかし資産の評価勘定は貸方に記載され、資本の評価勘定は借方に記載されると特殊な勘定科目です。そういった理由から取り上げています。

評価勘定の代表例は次の3つです。

  • 減価償却累計額
  • 引出金
  • 貸倒引当金

減価償却累計額:固定資産の帳簿価額をマイナスする勘定科目

減価償却累計額はマイナスの資産の勘定科目です。建物などの有形固定資産と組み合わせることで有形固定資産の帳簿価額を表します。

減価償却累計額は資産の勘定でありながら、通常は貸方に登場します。そして、貸借対照表に表示するときには借方にマイナスで表示します。

引出金:資本金をマイナスする勘定科目

引出金はマイナスの資本の勘定科目です。資本金と組み合わせることで実際の資本金の金額を表します。

資本金は資本の勘定でありながら、通常は借方に登場します。そして、決算整理仕訳で資本金勘定と引出金勘定は相殺するので、貸借対照表には出てこないという性質があります。

引出金は現在の日商簿記検定の試験範囲には含まれていません。

貸倒引当金:売掛金や受取手形をマイナスする勘定科目

貸倒引当金はマイナスの資産の勘定科目です。売掛金や受取手形などの債権と組み合わせることで債権の帳簿価額を表します。

貸倒引当金は資産の勘定でありながら、通常は貸方に登場します。そして、貸借対照表に表示するときには借方にマイナスで表示します。

貸倒引当金は負債であるという考え方もあります。貸倒引当金がマイナスの資産なのか負債なのかについては専門家でも意見が分かれるところなので気にしなくて構いません。

一般的にはマイナスの資産の勘定だと言われています。

混合勘定:資産・負債と収益・費用が混ざっている勘定科目

資産・負債と収益・費用が混ざっている勘定を混合勘定といいます。

混合勘定にはいくつかありますが、最も混合勘定の性質を現しているのが「総記法における商品勘定」です。

総記法では商品を仕入れたときには資産として借方に出てきますが、商品を販売したときには、収益として貸方に出てきます。資産と収益が混ざっていると言えます。

また、減価償却を行う前の固定資産も資産と費用が混ざっていると言えます。減価償却を行うことで、固定資産に含まれる費用が費用として認識され、固定資産も資産のみになります。

決算整理前の消耗品や消耗品費も同様です。決算整理前の消耗品や消耗品費は資産と費用が混ざっています。

このように考えると混合勘定はかなり多くあります。混合勘定をきちんと資産・負債・資本・収益・費用に分けるのも決算整理の重要な役割の一つです。

総記法の商品勘定も決算整理を行うことで資産となります。

対照勘定:2つの勘定がペアになっていて、同じ金額で同時に発生し同時に消滅する勘定科目

2つの勘定がペアになっていて、同じ金額で同時に発生し同時に消滅する勘定を対照勘定と言います。対照勘定には次のようなものがあります。

  • 「手形裏書義務見返」と「手形裏書義務」(日商簿記検定の範囲外です)
  • 「手形割引義務見返」と「手形割引義務」(日商簿記検定の範囲外です)
  • 「割賦未収金」と「割賦仮売上」(簿記1級の範囲です)
関連記事

「手形裏書義務見返」と「手形裏書義務」については「手形の裏書譲渡にともなう偶発債務の取引と仕訳」で詳しく解説しています。

「手形割引義務見返」と「手形割引義務」については「手形の割引にともなう偶発債務の取引と仕訳」で詳しく解説しています。

「割賦未収金」と「割賦仮売上」については「割賦販売の取引と仕訳」で詳しく解説しています。

対照勘定は「簿記上の取引ではないけれど記録しておきたい事柄」を記録しておくときに使います。

未決算勘定:勘定科目や金額が決まっていないときに一時的に使う勘定科目

最終的に処理する勘定科目や金額が決まっていないときに一時的に使う勘定が未決算勘定です。

未決算勘定のうち簿記2級で出てくるのは「現金過不足」と「火災未決算」です。

現金過不足:現金の帳簿残高と実際の金額が合わないときに一時的に使う勘定科目

現金の帳簿残高と実際の金額が合わないときにその差額を一時的に現金過不足として処理しておきます。そして、金額が合わない理由があとで分かれば、そのときに正式な勘定科目に振り替えます。

現金過不足は借方に出てくることもあれば貸方に出てくることもあります。借方に出てくるときには資産に似たイメージになりますし、貸方に出てくるときには負債に似たイメージになります。

火災未決算:いくら保険料が払われるか分からないときに一時的に使う勘定科目

火災保険に入っている建物などが火災にあってしまった場合、支払われる保険料が確定するまでの間、一時的に火災未決算勘定で処理しておきます。

そして、支払われる保険料が確定すれば、そのときに正式な勘定科目に振り替えます。

仮勘定とは

未決算勘定とよく似た勘定に「仮勘定」と言われるものがあります。簿記3級で出てくる具体的な仮勘定は「仮払金」と「仮受金」です。

仮勘定も未決算勘定と同じように「最終的に処理する勘定科目や金額が決まっていないときに一時的に使う勘定」ですが、次の2点が違います。

  • 仮勘定は実際に現金などが動く(未決算勘定は実際に現金などは動かない)
  • 仮勘定は資産・負債にきちんと分類される(仮払金は資産、仮受金は負債)

仮勘定は「資産」「負債」「資本(純資産)」「収益」「費用」に分類できない勘定科目にはあたりません。

決算勘定:決算のときに帳簿を締め切るために使う勘定科目

決算のときに帳簿を締切るために設定される勘定を決算勘定と言います。決算勘定の代表例は損益勘定です。

大陸式の決算振替仕訳で出てくる残高勘定も決算勘定です。大陸式の決算振替仕訳については「決算振替仕訳(大陸式)」で詳しく解説しています。

大陸式の決算振替仕訳は日商簿記検定の範囲外です。

決算振替仕訳で収益と費用は一度損益勘定に振り替えて、その後に資本金(または繰越利益剰余金)勘定に振り替えます。損益勘定は収益にも費用にもあたりません。

関連記事

決算振替仕訳は個人事業主の場合と株式会社の場合で仕訳が異なります。

個人事業主の場合については「決算振替仕訳」で、株式会社の場合については「損益勘定の振替」で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【まとめ】資産・負債・資本・収益・費用の分類

資産・負債・資本・収益・費用の分類は絶対的なものではありません。資産・負債・資本・収益・費用のどれにもあてはまらないものも多くあります。専門家の間でも意見が分かれるものもあります。

資産・負債・資本・収益・費用の分類はあくまでも簿記を理解するための指針として考えるものであって、ここで難しく考えてしまって仕訳ができなくなるのであれば本末転倒です。

簿記を学習するときは「分類にこだわるのではなく取引を理解するために分類を利用する」という姿勢が大切です。

関連記事
  • 弊社が運営している【簿記革命】は、当サイト「暗記不要の簿記独学講座」を大幅に加筆修正したテキストと、テキストに完全対応した問題集がセットの通信講座です。私とともに日商簿記の合格を目指して勉強したい方は【簿記革命】をご検討ください。
  • 簿記を効果的に身につけるためには、効果的な勉強方法で勉強することが大切です。簿記の勉強法については「簿記1級にラクラク受かる勉強法」で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました