評価勘定の意味とは【簿記3級では減価償却累計額と貸倒引当金が登場】

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると評価勘定っていう言葉が出てくるんだけど……
  • 評価勘定が資産・負債・資本・収益・費用のどれになるのか分からない
  • 評価勘定について教えて!

簿記を勉強していると評価勘定という言葉が出てきますが、評価勘定の意味が分からずに悩んでいる人が非常に多いです。

特に評価勘定は簿記3級から登場することもあり、多くの人が混乱しています。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん評価勘定についても熟知しています。

この記事では評価勘定の意味と考え方を解説します。

この記事を読めば評価勘定の意味と考え方が分かるので、不必要に悩んでしまうことがなくなります。

結論を一言で言うと、評価勘定は特定の資産・負債・資本を適切な金額で評価するために使います。資産の評価勘定は貸方に記載し、負債と資本の評価勘定は借方に記載します。

スポンサーリンク

評価勘定とは:特定の資産・負債・資本をマイナスする勘定科目

評価勘定は特定の資産・負債・資本をマイナスする勘定科目です。資産の評価勘定は貸方に記載し、負債と資本の評価勘定は借方に記載します。

精算表でも同様です。資産の評価勘定は貸方に記載し、負債と資本の評価勘定は借方に記載します。

評価勘定の代表例は次の6つです。

  • 減価償却累計額:固定資産の評価勘定(簿記3級)
  • 貸倒引当金:受取手形・売掛金の評価勘定(簿記3級)
  • 自己株式:株主資本の評価勘定(簿記1級)
  • 割引手形:受取手形の評価勘定(簿記論)
  • 裏書手形:受取手形の評価勘定(簿記論)
  • 引出金:資本金の評価勘定(簿記論)

「割引手形」「裏書手形」「引出金」は日商簿記1級では出てこない勘定科目です。

減価償却累計額:固定資産の帳簿価額をマイナスする勘定科目

減価償却累計額はマイナスの資産の勘定科目です。建物などの有形固定資産と組み合わせることで有形固定資産の帳簿価額を表します。

減価償却累計額は資産の勘定科目でありながら、通常は貸方に登場します。貸借対照表に表示するときには借方にマイナスで表示します。

関連記事

減価償却累計額については「【簿記】減価償却累計額とはどんな勘定科目?【負債じゃないのはなぜ?】」で詳しく解説しています。

評価勘定の考え方についても解説しているので、あわせて読むとより理解が深まります。

貸倒引当金:売掛金や受取手形をマイナスする勘定科目

貸倒引当金はマイナスの資産の勘定科目です。売掛金や受取手形などの債権と組み合わせることで債権の帳簿価額を表します。

貸倒引当金は資産の勘定科目でありながら、通常は貸方に登場します。貸借対照表に表示するときには借方にマイナスで表示します。

貸倒引当金は負債であるという考え方もあります。貸倒引当金がマイナスの資産なのか負債なのかについては専門家でも意見が分かれるところなので気にしなくて構いません。

一般的にはマイナスの資産の勘定科目だと言われています。

自己株式:株主資本をマイナスする評価勘定

自己株式は株主資本をマイナスする勘定科目です。株主資本から自己株式を控除することで、実質的な株主資本を表します。

自己株式は資本の勘定科目でありながら、通常は借方に登場します。貸借対照表に表示するときには貸方にマイナスで表示します。

割引手形:受取手形の評価勘定

割引手形は手形の割引を評価勘定法で記帳するときに使う勘定科目です。受取手形と組み合わせることで手元にある受取手形の金額を表します。

割引手形は資産の勘定科目でありながら、通常は貸方に登場します。貸借対照表では注記という形で表示します。

関連記事

割引した手形を評価勘定法で記帳する方法については「割引手形の偶発債務【仕訳と勘定科目をわかりやすく】」で詳しく解説しています。

裏書手形:受取手形の評価勘定

裏書手形は手形の裏書を評価勘定法で記帳するときに使う勘定科目です。受取手形と組み合わせることで手元にある受取手形の金額を表します。

裏書手形は資産の勘定科目でありながら、通常は貸方に登場します。貸借対照表では注記という形で表示します。

関連記事

裏書した手形を評価勘定法で記帳する方法については「裏書手形の偶発債務【仕訳と勘定科目をわかりやすく】」で詳しく解説しています。

引出金:資本金をマイナスする勘定科目

引出金はマイナスの資本の勘定科目です。資本金と組み合わせることで実際の資本金の金額を表します。

引出金は資本の勘定科目でありながら、通常は借方に登場します。引出金は決算整理仕訳で資本金と相殺するので、貸借対照表には出てこないという性質があります。

スポンサーリンク

【まとめ】評価勘定とは:特定の資産・負債・資本をマイナスする勘定科目

評価勘定は特定の資産・負債・資本をマイナスする勘定科目です。資産の評価勘定は貸方に記載され、負債と資本の評価勘定は借方に記載されます。

評価勘定の代表例は次の6つです。

  • 減価償却累計額:固定資産の評価勘定(簿記3級)
  • 貸倒引当金:受取手形・売掛金の評価勘定(簿記3級)
  • 自己株式:株主資本の評価勘定(簿記1級)
  • 割引手形:受取手形の評価勘定(簿記論)
  • 裏書手形:受取手形の評価勘定(簿記論)
  • 引出金:資本金の評価勘定(簿記論)
関連記事
  • 弊社が運営している【簿記革命】は、当サイト「暗記不要の簿記独学講座」を大幅に加筆修正したテキストと、テキストに完全対応した問題集がセットの通信講座です。私とともに日商簿記の合格を目指して勉強したい方は【簿記革命】をご検討ください。
  • 簿記を効果的に身につけるためには、効果的な勉強方法で勉強することが大切です。簿記の勉強法については「簿記1級にラクラク受かる勉強法」で詳しく解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました