特殊仕訳帳制における2行以上の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では特殊仕訳帳制における2行以上の仕訳の処理について解説します。

特殊仕訳帳制における2行以上の仕訳

例えば、次のような取引を特殊仕訳帳制で処理する場合について考えてみましょう。

100,000円の備品を売却し、代金のうち60,000円を現金で受け取り、残り40,000円は未収金とした。現金出納帳を特殊仕訳帳としている。

ちなみに、通常の仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
現金
未収金
60,000
40,000
備品 100,000

考えられる処理は次の4つです。

  1. 普通仕訳帳に通常の仕訳を記入し、同時に現金出納帳に60,000の入金を記帳する
  2. 仕訳を分割する
  3. 取引を少しだけ擬制する
  4. 取引を大きく擬制する

1.普通仕訳帳に通常の仕訳を記入し、同時に現金出納帳に60,000の入金を記帳する

この場合、未収金勘定は普通仕訳帳から合計転記、備品勘定へは普通仕訳帳から個別転記しますが、現金は現金出納帳から合計転記するので、普通仕訳帳からは転記しません。また、現金出納帳でも備品には転記しません(二重転記を避けるためです。)。

この方法は、取引の実態を最も適切に表しますが、2つの帳簿に記入するため手間がかかるのが問題です

2.仕訳を分割する

この方法では仕訳を次のように分割します。

借方 金額 貸方 金額
現金
未収金
60,000
40,000
備品
備品
60,000
40,000

上の仕訳は現金出納帳に記入し、備品勘定へ個別転記します(現金勘定へは合計転記するので、個別転記はしません。)。また、下の仕訳は普通仕訳帳に記入し、それぞれの勘定へ転記します。

この方法では、本来1つの備品が2つに分かれていることになります。そのため、取引を正確に表せていないという問題点があります。また、2つの帳簿に記入するため手間がかかるという問題点もあります

3.取引を少しだけ擬制する

取引を少しだけ擬制し、次のような仕訳を切ります。

借方 金額 貸方 金額
未収金
現金
100,000
60,000
備品
未収金
100,000
60,000

上の仕訳を普通仕訳帳に記入し、それぞれの勘定へ個別転記します。また、下の仕訳は現金出納帳に記入し、未収金勘定へ個別転記します(現金勘定へは合計転記するので、個別転記はしません。)。

この方法は、一度未収として処理したあと、直後にその未収金を現金で回収しているとみなしているため、事実どおりとはいえませんが、許容範囲の擬制だと言えます。

ですが、正確に取引を表しているとは言えず、また、2つの帳簿に記入するため手間がかかるという問題点もあります

4.取引を大きく擬制する

取引を大きく擬制し、次のような仕訳を切ります。

借方 金額 貸方 金額
現金
未収金
100,000
40,000
備品
現金
100,000
40,000

上の仕訳を現金出納帳に記入し、備品勘定へ個別転記します(現金勘定へは合計転記するので、個別転記はしません。)。また、下の仕訳を現金出納帳に記入し、未収金勘定へ個別転記します(現金勘定へは合計転記するので、個別転記はしません。)。

一度現金で回収したものを未収金に戻しているので、取引としてはありえないものになっています。しかし、現金出納帳1つですむため手間が減っています

実務で使われるのはどれなのか…

実務では手間の少なさが重視されるので、通常は4が使われます。ただ、会計ソフトが中心になっている現在では過去の話となっています。現在では会計ソフトが中心となっているので、特殊仕訳帳制そのものが使われていないというのが現実です。

そのため、現在では日商簿記検定でも出題範囲からは外れています。参考程度にご覧ください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ