直接材料費差異と直接労務費差異の面積図でよくある質問

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では直接材料費差異直接労務費差異の面積図でよくある質問にお答えします。

直接材料費差異と直接労務費差異の面積図でよくある質問

直接材料費差異と直接労務費差異でよくいただく質問に、なぜ下のような面積図にならないのかというものがあります。

直接材料費と直接労務費の誤った面積図

いつもこの書き方と迷ってしまうようです。しかし、この形ではいけない明確な理由があります。それは「実際価格の変動の影響を数量差異または作業時間差異に与えないようにするため」です。

上の図の形だと、実際価格が上昇したり下落したりしたときに数量差異または作業時間差異の金額が変わります。数量差異や作業時間差異は管理すべき差異です。数量差異や作業時間差異に管理不能な実際価格の変動が混ざってしまっては原価管理が難しくなってしまいます。

そこで、実際価格の変動の影響を数量差異または作業時間差異に与えないようにするために上の面積図のような計算は行わないのです。このように理解しておくと、もう迷うことはないと思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ