役員報酬の決め方

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記を勉強していると、役員に対する報酬(給与や賞与)が出てきます。この記事では役員報酬の決め方について解説します。

役員報酬と従業員報酬の違い

株式会社は株主が出資して、その出資したお金をもとに事業を行って利益を稼ぐ存在です。なので株式会社は出資者である「株主」のものだと言えます。

役員報酬も従業員報酬も会社にとっては「費用」なので、株主にとって役員報酬や従業員報酬は「出費」であり「財産の流出」にあたります。なので無駄がないように管理しなければなりません。

ここまでは役員報酬と従業員報酬は同じなのですが、決定的な違いが一つあります。従業員の報酬は基本的に上司が決めるのですが、役員には上司がいないので、自分で自分の報酬を決めることになるのです。

従業員の報酬はきちんと上司が監督するので問題ないのですが、役員報酬は監督されていません。なので役員報酬は「株主総会」で株主から承認を受けなければならないことになっています。

ここまでは簿記で学習する内容です(具体的には剰余金の処分(役員賞与)の取引と仕訳で学習します。)。

役員報酬に対する株主の監督の実効性

役員報酬に関しては「株主総会での承認」によって株主から監督されているという建前があります。ですが、実際に監督されているかと言えばそうとも言えません。

議決権の過半数を経営者やその家族が所有している株式会社では、事実上役員が「株主総会の承認」を行うことができます。

また、そうではない株式会社であっても、 株主が役員報酬に目を光らせていることはほとんどありません。株主総会に出席せず、委任状を提出している株主がほとんどです。

なので、現実的に株主からの監督がなされているとはいえない状況になっています。そこで、年間で1億円以上の役員報酬を受け取っている役員の個人名を開示することになりました

役員報酬は「株主」と「経営陣」の利益相反が起きやすいところなので、特に厳しいルールになっています。簿記検定的に特に重要というわけではないのですが、このような事情が役員報酬にはあるという点は理解しておいた方がいいと思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ