経理が毎月行うべきチェック事項

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

経理はただ取引を仕訳して財務諸表を作成するだけではいけません。自社の状態がどのようになっているのか、異常事態が発生していないかをきちんとチェックすることが必要です。この記事では経理が毎月行うべき自社のチェック事項についてお伝えします。

毎月チェックすべきは「月次試算表」

簿記を勉強していると「試算表」というものが出てきます。代表的な試算表は「決算整理前試算表」「決算整理後試算表」「繰越試算表」などでしょうか。

これらの試算表は簿記検定でよく見かけるものですが、経理の実務で最も重要なのは毎月作成する「月次試算表」です。作り方の基本は他の試算表と同じですが、月末に作成するという点で違いがあります。

経理の仕事は月次試算表を作ることではありません。昔は、借方と貸方の一致を確認するという意味で月次試算表を作ることにも価値がありました。

しかし、現在は会計ソフトで記帳するため基本的に借方と貸方は自動的に一致します。月次試算表を作ることそのものに意味はなくなっているのです。

経理にとって月次試算表を作るのはスタートで、本当の仕事は月次試算表を分析して会社に問題が起こっていないかをチェックすることなのです。

月次試算表でチェックすべき事柄

月次試算表でチェックすべき事柄は大きくは次の3つです。

  1. 現金預金は十分あるか
  2. 利益が出ているか
  3. 異常事態が発生していないか

1.現金預金は十分あるか

やはり最も重要なのは現金預金の残高です。これは毎日チェックしているはずなので、そのチェックが十分であれば軽く確認しておくだけで大丈夫です。

経理が毎日行うべきチェック事項

取引規模が大きくなったりした場合に、「現金預金に持たせるべき余裕は今のままでいいのか」をチェックするくらいで十分です。

2.利益が出ているか

企業は利益を出すことが目的なので、きちんと利益が出ているか確認することが大切です。業種によっては月別の利益が大きく変動することがありますが、それを加味した上で今が順調なのかチェックすることが大切です。

3.異常事態が発生していないか

異常事態が発生していた場合、何らかの対応が必要になることが多いです。対応が遅れてしまわないためには月次試算表で分析することが大切です。

  • 前月と比べて異常な金額の変動が起こっていないか
  • 前年同月と比べて異常な金額の変動が起こっていないか
  • 異常な金額の変動が起こっていた場合、対策が必要か、必要ならばどのような対策を行うべきか

月次試算表の役割と使い方

こういったことをきちんと行えるのが経理の腕の見せ所です。

簿記の勉強をしているときにも実務を意識することが大切

経理は毎月このような分析を行っています。簿記を勉強しているときもこういった経理の仕事内容をイメージしながら行うことが大切です。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ