貸倒引当金の洗替法

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。

昔は貸倒引当金の設定方法に「洗替法」というものがありました。現在は洗替法は廃止され、差額補充法のみとなっています(実は法人税法では洗替法が原則となっているので、完全に廃止されたとは言えない状況です。)。

現在は洗替法での出題可能性は低い状況ですが、「差額補充法と洗替法との違い」や「洗替法が廃止された理由」について考える意味はあります。この記事では貸倒引当金の洗替法について解説します。

貸倒引当金の洗替法による仕訳

貸倒引当金の洗替法による仕訳を、次の資料で考えてみましょう。

資料

  • 決算整理前残高試算表における貸倒引当金残高:10,000円
  • 当期に計上すべき貸倒引当金:30,000円

差額補充法の場合

差額補充法の場合は(30,000円-10,000円=)20,000円を当期に計上するので「(借)貸倒引当金繰入額20,000」「(貸)貸倒引当金20,000」となります。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入額 20,000 貸倒引当金 20,000

差額を補充する形で貸倒引当金を計上します。

洗替法

洗替法の場合は、まず前期末に計上した貸倒引当金で取り崩されなかった分である10,000円を戻し入れます。よって「(借)貸倒引当金10,000」「(貸)貸倒引当金戻入益10,000」となります。これで一度貸倒引当金が0になります。

次に貸倒引当金を設定します。設定すべき貸倒引当金は30,000円なので「(借)貸倒引当金繰入額30,000」「(貸)貸倒引当金30,000」となります。

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金
貸倒引当金繰入額
10,000
30,000
貸倒引当金戻入益
貸倒引当金
10,000
30,000

これが洗替法です。

差額補充法と洗替法の違い

先ほどの例から分かるとおり、差額補充法の場合は繰入額のみが計上されるのに対し、洗替法の場合は戻入益と繰入額が計上されます。どちらの方法であっても全体での費用の金額は変わりません。よって最終的な利益の金額も変わりません

ですが、途中の利益の金額は変わってきます。先ほどの例の仕訳に表示区分を入れてもう一度書きます。

差額補充法

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金繰入額(販管費) 20,000 貸倒引当金 20,000

※販管費とは「販売費および一般管理費」のことです。

洗替法

借方 金額 貸方 金額
貸倒引当金
貸倒引当金繰入額(販管費)
10,000
30,000
貸倒引当金戻入益(特別利益)
貸倒引当金
10,000
30,000

※販管費とは「販売費および一般管理費」のことです。

これより、最終的な利益の金額は同じになりますが、差額補充法の方が営業利益と経常利益が10,000円多くなります(差額補充法の方が販売費及び一般管理費に計上する費用が10,000円少ないからです。)。

通常は当期純利益が同じ額でも営業利益や経常利益が大きい方が高く評価されます。なので差額補充法の方が見栄えのいい損益計算書になります

細かいですが、このような違いが出てきます。

洗替法が廃止された理由

洗替法が廃止されたのは「(借)貸倒引当金×××/(貸)貸倒引当金戻入益×××」の仕訳が前期の貸倒引当金の計上額の修正にあたるからです。

現在は前期以前の修正に関しては「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」が適用されています。

この会計基準では前期以前の修正に関しては「見積り時点では適正であったのであれば過去にさかのぼらず当期で修正する」「見積り時点で誤りがあったのであれば過去にさかのぼって処理する」というルールになっています。

「見積り時点では適正であったのであれば過去にさかのぼらず当期で修正する」という処理は差額補充法による処理と一致します(差額補充法では前期の計上違いが当期の処理に吸収されます)。

それに対して、「見積り時点で誤りがあったのであれば過去にさかのぼって処理する」という方法は、前期の財務諸表から修正する方法なので洗替法とは異なる処理になります(洗替法は前期の修正を当期に行う会計処理です。過去にさかのぼっているわけではありません。)。

つまり、洗替法にあたる処理は「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」を適用した場合には出番がないのです。このような理由により廃止されています。

洗替法に対しての姿勢

このように考えると、洗替法が今後出題される可能性は低いといえそうです。ですが、同じ「前期の修正」にあたる償却債権取立益が「出題区分表」の簿記3級の段に復活しています。なので絶対に出ないとは言い切れないところです。

ですが、重要度はかなり低いので、洗替法についてはこの記事の内容を把握しておくだけで十分だと思います(簿記1級であっても十分だと思います。)。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ