減価償却で直接法・間接法の指示がない場合の問題の解き方

簿記1級
スポンサーリンク
直接法と間接法の見分け方を知りたい人
直接法と間接法の見分け方を知りたい人

減価償却の問題で、直接法とも間接法とも書いてないときがあるんだけど、こういう問題はどう解いたらいいんだろう。直接法とも間接法とも書いてない問題の解き方が知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

減価償却で直接法・間接法の指示がない場合

減価償却において直接法・間接法の指示がない場合は次の手順で解答してください。

  1. 本当に指示がないのかを徹底的に確認する
  2. 貸方に「減価償却累計額」がないか確認する
  3. どのような指示もない場合は間接法で解く

1.本当に指示がないのかを徹底的に確認する

ほとんどの問題で直接法か間接法かの指示はあります。なのでまずは見落としを疑ってください。もし指示が見当たればその指示に従ってください。

2.貸方に「減価償却累計額」がないか確認する

残高試算表であれば貸方、貸借対照表であれば借方にマイナスで(貸方にあることもあります)「減価償却累計額」があるかを確認します。この勘定科目は間接法でしか出てこないので、減価償却累計額があれば間接法だと判断できます。

3.どのような指示もない場合は間接法で解く

指示が全くなく、減価償却累計額という勘定科目もない場合は解答欄や全体の雰囲気から直接法か間接法かを判断することになります。

間接法が出題の中心なので間接法だとみなして解くことになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました