仕入れた商品を販売する前に消費税が上がった場合の仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では仕入れた商品を販売する前に消費税が上がった場合の仕訳について解説します。

仕入れた商品を販売する前に消費税が上がった場合の仕訳

しばらく前に消費税率が5%から8%に上がりました。基本的に税率が変わっても会計処理の方法に変更はありません。少し混乱しやすいのが「仕入れた商品を売る前に消費税が上がった」場合です。

この記事ではそういった場合について考えてみましょう(ちなみに全て税抜処理です。)。

消費税は預り金

例えば、次のようなケースを考えてみます。

消費税5%のときに商品1,000,000円(税込:1,050,000円)を仕入れた。

このときの仕訳は次のとおりです。

借方 金額 貸方 金額
仕入
仮払消費税
1,000,000
50,000
買掛金 1,050,000

そして販売します。販売の例は次のようになったとします。

消費税8%のときにお客様に2,000,000円(税込:2,160,000円)で販売した。

このときの仕訳は次のとおりです。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 2,160,000 売上
仮受消費税
2,000,000
160,000

そして、消費税を納付します。納付の仕訳は次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
仮受消費税 160,000 仮払消費税
現金など
50,000
110,000

つまり、消費税率が営業循環の途中で変わっても損得はありません消費税は預り金であり、預かった金額を国に納めるので、損得には影響はないのです。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ