手形の割引に見る会計の考え方の時代の流れ

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では手形の割引に見る会計の考え方の時代の流れについて解説します。

手形の割引の考え方

手形の割引の仕訳は次のようになります。

手形の受取

借方 金額 貸方 金額
受取手形 1,000,000 売上 1,000,000

手形の割引

借方 金額 貸方 金額
当座預金
手形売却損
980,000
20,000
受取手形 1,000,000

手形の割引とは本質的には「銀行に対する手形債権の売却」にあたります。なのでこの仕訳が適切な仕訳になります。

ですが、以前は次のような仕訳でした。

借方 金額 貸方 金額
受取手形
当座預金
支払割引料
1,000,000
980,000
20,000
現金
受取手形
1,000,000
1,000,000

銀行側からすれば、手形の割引は手形の満期日までの貸付なので、手形売却損は銀行から見れば受取利息です。ということは支払う側からすれば支払利息だと考えることもできます。そこで、支払利息を意味する支払割引料という勘定科目を使っているのがこの仕訳です。

受け取った手形を割り引く理由は満期日まで待てないからです。仮に手形を割り引く代わりに資金を借り入れれば、それに対して利息を支払うことになります。

このように考えると、手形の割引に対する支払を支払利息としても問題ないと言えます。

このような会計処理を行なっていたということは、以前は手形の割引は手形の売却ではなく、手形を担保にした資金の借入れと見ていたということがいえます。

このように、同じ取引でも会計的な考え方が移り変わっていくことで会計処理が変わっていくことがあります

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ