「減価償却」を学習するときの理解の流れ

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。簿記3級の内容の中で「重要度」「難易度」のどちらから見ても高いのが減価償却です。この記事では減価償却を学習するときの理解の流れについてお伝えします。

減価償却の本質

減価償却の本質は「費用配分」です。例えば、300,000円のパソコンを3年間使用することができる場合、この300,000円全額をパソコンを購入した会計期間の費用とすると適正な費用を計算することができません。

そこで、この300,000円を3年間に配分します。これが減価償却です。

減価償却には次の2つの論点があります。

私は「直接法・定額法」の組み合わせで次の2点を理解してから他の方法も考えていく方法をお勧めします。

  • 固定資産の帳簿価額を直接減らす(直接法)
  • 一定の金額ずつ減らす(定額法)(一定額ずつ減らす方が分かりやすい))

直接法

直接法は固定資産の帳簿価額を直接減らします。先ほどの例で言えば、次のように帳簿価額が減っていくことになります(定額法の場合)。

  • 購入時:300,000円
  • 1年間使用後:200,000円
  • 2年間使用後:100,000円
  • 3年間使用後:0円

形のある資産は使えば使うほど価値が減っていきます。建物でも車両でも、使えば使うほど価値は減っていきます。それを帳簿価額が表すので、学習の初期段階では直接法の方が理解しやすいと思います。

定額法

減価償却は費用配分だとお伝えしました。この費用配分をどのように行うのかが「減価償却方法」の問題です。

費用配分は経営者が自由に行うわけにはいきません。それだと利益操作が自由に行えてしまうからです。なので「客観性」が必要です(客観性とは、「なぜそのような減価償却費になるのかをきちんと説明できる」ということです。)。

客観的な費用配分が「定額法」や「定率法」です。定額法では、毎期一定額になるように費用配分します。定率法では一定の割合で帳簿価額が減っていくように費用配分します。どちらも数学的に客観的な計算を行っています。

この減価償却方法の中で最も分かりやすいのは定額法でしょう。定額法は毎期一定額なので、割り算で簡単に求めることができます。先ほどの帳簿価額が減っていく金額が定額法です。

この考え方が分かったあと、次のように考えましょう。

  • 直接減らすのではなく、間接的に減らすことで取得原価が分かる(間接法)
  • 一定額以外の減らし方もありえる(定率法・生産高比例法・級数法)

この流れで学習すると理解しやすいと思います。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ