赤字でも配当が可能な理由【配当の原資は繰越利益剰余金】

スポンサーリンク
  • 赤字なのに配当している会社があるんだけど……
  • 利益を分配するのは配当なはずなのに、赤字で配当できる理由が分からない
  • 赤字でも配当が可能な理由について教えて!

利益を株主に分配するのが配当金ですが、赤字でも配当金を支払う会社があり、混乱してしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん赤字でも配当できる理由についても熟知しています。

この記事では赤字でも配当できる理由について解説します。

この記事を読めば赤字でも配当できる理由が分かるので、より深く株式会社の仕組みを理解することができます。

結論を一言で言うと、株式会社には過去の利益が貯められていて、その過去の利益の貯蓄分(内部留保)から配当金を支払っています。内部留保がない状態での配当はできません。

スポンサーリンク

赤字でも配当を行うのは株価の下落を防ぐため

配当は利益の分配なので、赤字であるならば配当はなくなるのが自然です。実際、簿記の勉強をしていても「獲得した利益の中から株主へ配当する」と学習することが多いです。

関連記事

黒字での配当については「剰余金の処分(配当金)の取引と仕訳」で詳しく解説しています。

しかし、配当がなくなってしまうと株主が失望して売却し、株価が下がってしまうことがあります。そのような株価の下落を避けるために赤字であっても配当を行うことも多いです。

スポンサーリンク

赤字でも配当が可能な理由は内部留保を原資に配当しているから

「獲得した利益の中から株主へ配当する」というのが原則です。しかし、会社によっては利益が出ていない、つまり赤字であっても配当を行うことがあります。

赤字でも配当を行うことが可能なのは「過去の利益が企業内部にためられているから」です。

企業が利益を出した場合、その利益を全額配当に回すことは通常はありません。

もし全額を配当に回すと、設備投資のための資金が準備できませんし、急に資金が必要になった場合に資金繰りが苦しくなってしまうかもしれないからです。

このような事態に備えるため、当期純利益のうち半分程度は企業の内部にためておくのが一般的です。

当期純利益のうちどれくらいの割合で配当に回すのかを「配当性向」といいます。

この内部にためておいた利益(内部留保)が配当に回っているのです。

スポンサーリンク

配当平均積立金:計画的に配当を行うための積立金

赤字でも配当を出すということは、赤字によって内部留保が減少している上に配当によって内部留保が減少するので、内部留保が急激に減少することになります。

考えなしに赤字での配当を行っていたら企業の財政状態が悪化してしまいます。

そこで、計画的に配当を行うために積み立てるのが「配当平均積立金」です。黒字のときに配当平均積立金を積み立てておき、赤字になったときは配当平均積立金を取り崩すことで配当の原資にします。

こうすることで黒字のときも赤字のときも安定して配当することができます。

配当平均積立金の積立は任意です。配当平均積立金を積み立てていなければ赤字での配当ができないというわけではありません。

しかし、内部留保がない状態での配当は違法配当になるので注意が必要です。

スポンサーリンク

【まとめ】赤字でも配当が可能な理由

株価の下落を避けるため、赤字であっても配当を行うことがあります。赤字の場合は内部留保を原資に配当を行います。

黒字であっても赤字であっても安定して配当を行うために「配当平均積立金」を積み立てておくことがあります。

黒字のときに配当平均積立金を積み立てておき、赤字になったときは配当平均積立金を取り崩すことで配当の原資にします。

関連記事
  • 弊社が運営している【簿記革命】は、当サイト「暗記不要の簿記独学講座」を大幅に加筆修正したテキストと、テキストに完全対応した問題集がセットの通信講座です。私とともに日商簿記の合格を目指して勉強したい方は【簿記革命】をご検討ください。
  • 簿記を効果的に身につけるためには、効果的な勉強方法で勉強することが大切です。簿記の勉強法については「簿記1級にラクラク受かる勉強法」で詳しく解説しています。
簿記1級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました