連結会計の3つのコツ

簿記1級
スポンサーリンク
連結会計のコツを知りたい人
連結会計のコツを知りたい人

連結会計って難しい。難しすぎる。簿記2級なのにときどきとんでもない難問が出されるし…。連結会計のコツってあるのかな。連結会計のコツがあれば知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

連結会計の3つのコツ

連結会計を克服するコツは次の3つです。

  • 仕訳の順序を意識する
  • 本支店会計を完璧に身につける
  • 連結会計は難問を深追いしない

仕訳の順序を意識する

連結会計以外のところでは仕訳の順序は特に重要ではありません。順序は無関係に仕訳を切っていくことで解くことができます。

しかし、連結会計の場合は手順というものがあり、その順序どおりに仕訳を切っていかないと解くことができません。しっかりと仕訳の順序を意識することが大切です。

本支店会計を完璧に身につける

連結会計を苦手にしている人のほとんどが本支店会計を苦手にしています。連結会計は本支店会計の発展版と言えるようなものなので、本支店会計が苦手のまま連結会計を解けるようにはなりません。特に簿記2級に連結会計が移行してきてから、本支店会計を軽視する人が増えています。

本支店会計を徹底的に身につければ連結会計もスムーズに身につけることができます。

連結会計は難問を深追いしない

連結会計は驚くほど難しい問題が出題されることがあります。講師さえも高得点は難しいレベルです。

このような問題は部分点狙いに切り替えることが大切です。どんなに難しい問題でも、基本がきちんと身についてさえいれば得点できる問題が必ずあります。その問題をしっかりと得点することが重要なのです。

過去問などで非常に難しい問題が出されていて、それができないからといって連結会計に苦手意識を持つ必要はありません。ほとんどの受験生は高得点は取れないからです。難問は深追いせずに基本を徹底的に身につける意識で勉強することが大切です。

簿記1級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました