【簿記】小切手と手形の違いをわかりやすく

スポンサーリンク
  • 簿記を勉強していると小切手と手形が出てきたんだけど……
  • 小切手と手形の違いが分からない
  • 小切手と手形の違いについて教えて!

小切手と手形は同じような使われ方をするので小切手と手形の違いや使い分けがよく分からないと感じている方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん小切手と手形の違いについても熟知しています。

この記事では小切手と手形の違いについてわかりやすく解説します。

この記事を読めば小切手と手形の違いについてより深く理解できるようになるので、簿記1級や会計学の勉強をスムーズに進めることができるようになります。

結論を一言で言うと、小切手と手形の決定的な違いは「支払期日の有無」です。小切手には支払期日がないけれど、手形には支払期日があります。

スポンサーリンク

小切手には支払期日がないけれど手形には支払期日がある

手形には約束手形為替手形がありますが、小切手はどちらかというと為替手形に似ています。

為替手形は振出人・引受人・指図人が三者いて、次のような関係になっています。

  • 振出人:手形の振出人
  • 引受人:手形代金の支払人
  • 指図人:手形代金の受取人

小切手は次のようになります。

  • 振出人:小切手の振出人
  • 引受人:小切手代金の支払人(常に銀行)
  • 指図人:小切手代金の受取人

つまり、小切手も事実上「振出人」「引受人」「指図人」の三者がいるのです。

ここでは説明上名前をそろえていますが、小切手の場合「引受人」や「指図人」という言い方は本当はしません。

為替手形が難しいと感じる人は小切手をこのように考えてみると分かりやすいかもしれません。

小切手と手形の決定的な違いは「支払期日」があるかどうかです。

手形は支払期日というのが決まっていて、支払期日より前に支払ってもらうことはできません。

どうしても現金が必要な場合は銀行などで割り引いてもらうことになります。

逆に小切手は振り出した瞬間が支払期日となっているようなもので、今振り出した小切手をその瞬間に銀行に呈示されたとしても支払わなければなりません。

銀行に呈示したときが支払期日になることを「一覧払い」といいます。小切手は常に一覧払いです。手形は支払期日を未記入とした場合は一覧払いとみなされます。

スポンサーリンク

先日付小切手は手形として処理する

小切手は一覧払いがルールです。しかし、実務ではまれに振出日よりも将来の日付が書かれた小切手が振り出されることもあります。

振出日よりも将来の日付が書かれた小切手を「先日付小切手」といいますが、将来の日付を書いた小切手を振り出すことは厳密にはルール違反です。

小切手を受け取った人が今すぐに小切手を銀行に呈示した場合、支払わなければなりません。

しかし、すぐに支払えないから先日付で小切手を振り出しているので、今すぐ呈示すればおそらく不渡りとなります。

ルール違反であっても将来の日付になるまで呈示しないのが「不文律」となっています。

日商簿記検定で「先日付小切手」を受け取る取引が出題されたら、手形とみなして処理します。

受取手形勘定で処理するということです。

「先日付小切手」を振り出すときには支払手形で処理することになりますが、過去の出題はありません。

簿記では法律的な性質よりも会計的な性質を優先します。法律的には支払期日がなくても会計的に支払期日があるのであれば小切手ではなく手形とするのです。

スポンサーリンク

【まとめ】小切手と手形の違いをわかりやすく

小切手と手形の決定的な違いは「支払期日の有無」です。小切手には支払期日がないけれど、手形には支払期日があります。

日商簿記検定で「先日付小切手」を受け取る取引が出題されたら、手形とみなして処理します。簿記では法律的な性質よりも会計的な性質を優先するからです。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました