簿記と会計の違い

スポンサーリンク
  • 簿記の勉強を始めたんだけど……
  • 簿記という言葉と会計という言葉がどう違うのか分からない
  • 簿記と会計の違いについて教えて!

簿記という言葉と会計という言葉は非常に似た文脈で使われます。簿記と会計の違いを明確に説明されることも少ないので、簿記という言葉と会計という言葉の違いが分からずに混乱してしまう方が非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん簿記と会計の違いについても熟知しています。

この記事では簿記と会計の違いについて解説します。

この記事を読めば簿記と会計の違いについて理解することができるので、テキストなどの本を読んでもスムーズに理解できるようになります。

結論を一言で言うと、簿記は「お金の出入りを記録すること」、会計は「お金に関する計算、記録、報告」です

スポンサーリンク

簿記は「お金の出入りを記録すること」、会計は「お金に関する計算、記録、報告」

会計は「お金に関する計算、記録、報告」で、簿記は「お金の出入りを記録すること」です。簿記は帳簿記入の略とも言われ、一言で言えば「帳簿に記入すること」です。

会計の方が簿記よりも広い意味を持っています。

会計:お金に関する計算、記録、報告

会計という言葉は日常会話でもよく次のような感じで使います。

  • 居酒屋等で「お会計お願いします」と店員さんに声をかける
  • 大学のサークルやクラブなどでの「会計係」

この例から分かるように、会計という言葉は「企業の財務諸表を作成するとき」などの特殊な状況でしか使われない言葉ではありません。日常の中でもよく使われます。

「会計」という言葉は「お金や物の出し入れに関する計算や整理とその報告」という意味です。

居酒屋での会計やサークルなどでの会計でも「お金や物の出し入れに関する計算や整理とその報告」意味できちんと説明できます。

「企業会計」という言葉の意味

先ほどお伝えした通り、「会計」という言葉は「お金や物の出し入れに関する計算や整理とその報告」という意味なのですが、簿記検定で学習する会計は「企業会計」です。

「企業会計」は文字通り企業の会計なので「『企業の』お金や物の出し入れに関する計算や整理とその報告」となります。

「企業のお金や物の出し入れに関する計算や整理とその報告」の場合は、居酒屋やサークルなどでの会計と違って、きちんとしたルールを守って体系的に行わなければなりません。

そこで企業会計では、複式簿記を使ってお金や物やサービスの増減を記録し、その記録を一定期間ごとに整理して報告書にまとめます

簿記:お金の出入りを記録すること

簿記は会計の中の「お金や物やサービスの増減を記録」という部分を担う重要な一部分です。

簿記には「単式簿記」と「複式簿記」がありますが、企業会計では原則として複式簿記を使って行われます。簿記検定でも複式簿記を学習します。

関連記事

単式簿記と複式簿記については「複式簿記と単式簿記(簡易簿記)の違い」で詳しく解説しています。

スポンサーリンク

【まとめ】簿記と会計の違い

会計は「お金に関する計算、記録、報告」で、簿記は「お金の出入りを記録すること」です。簿記は帳簿記入の略とも言われ、一言で言えば「帳簿に記入すること」です。

簿記には「単式簿記」と「複式簿記」がありますが、企業会計では原則として複式簿記を使って行われます。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました