パーセントキー(%)の5つの使い方

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事ではパーセントキー(%)の5つの使い方について解説します。

パーセントキー(%)の5つの使い方

パーセントキー(%)は割合や割引、割増、比率などで百分率の計算をするときに使います。次の5つの使い方があります。

  • 6,000の30%を求めるときには、[6][00][0][×][30][%]と入力します。
  • 6,000の30%増を求めるときには、[6][00][0][×][30][%][+][=]と入力します。
  • 6,000の30%引を求めるときには、[6][00][0][×][30][%][-][=]と入力します。
  • 100は2,000の何%かを求めるときには、[1][00][÷][2][00][0][%]と入力します。
  • 3,000は2,000の何%増かを求めるときには、[3][00][0][÷][2][00][0][%][-][1][00][=]と入力します。

これらが%キーの使い方ですが、頭の中で百分率を小数に簡単に変換出来る人は使わなくても構いません。私もほとんど使いませんが、特に困ることはありません。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ