電卓のパーセント(%)でできる5つの効率的な使い方

スポンサーリンク
  • 電卓に%っていうボタンがついているんだけど……
  • 電卓のパーセントキーの使い方が分からない
  • 11,657,300の30%の計算方法を教えて!

電卓の操作方法を教わることは少ないので、電卓の操作方法が分からないと悩んでいる方は非常に多いです。パーセントキーの使い方もあまり知られていません。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。もちろん電卓の使い方にも精通しています。

この記事ではパーセントキーの5つの使い方について解説します。

この記事を読めばパーセントキーの活用法が全て分かります。

結論を一言で言うと、パーセントキーを上手に使えれば「割合」「割引」「割増」「比率」の計算を少ない手数で計算することができます。

11,657,300の30%を計算するのであれば、「11657300×30%」と操作すれば「3,497,190」と求まります。

スポンサーリンク

パーセントキー(%)の5つの使い方

パーセントキー(%)は割合や割引、割増、比率などで百分率の計算をするときに使います。次の5つの使い方があります。

割合計算:□の○%は[□][×][○][%]と入力する

□の○%を計算したいときにはパーセントキーを使うことができます。

例えば、6,000の30%を求めるときには、[6][00][0][×][30][%]と入力します。

パーセントキーを使わずに[6][00][0][×][0][.][3][=]と入力しても計算できるので、パーセントキーを無理に使う必要はありません。

しかし、パーセントキーを使うことでキー操作の回数を減らすことができるので便利です。

割増計算:□の○%増しは[□][×][○][%][+][=]と入力する

□の○%増しを計算したいときにはパーセントキーを使うことができます。

例えば、6,000の30%増しを求めるときには、[6][00][0][×][30][%][+][=]と入力します。

このパーセントキー(%)の使い方はシャープの電卓の場合です。カシオの電卓の場合は最後の[=]は不要です。

パーセントキーを使わずに[6][00][0][×][1][.][3][=]と入力しても計算できるので、パーセントキーを無理に使う必要はありません。

しかし、パーセントキーを使うことでキー操作の回数を減らすことができるので便利です。

割引計算:□の○パーセント引きは[□][×][○][%][-][=]と入力する

□の○パーセント引きを計算したいときにはパーセントキーを使うことができます。

例えば、6,000の30パーセント引きを求めるときには、[6][00][0][×][30][%][-][=]と入力します。

このパーセントキー(%)の使い方はシャープの電卓の場合です。カシオの電卓の場合は最後の[=]は不要です。

パーセントキーを使わずに[6][00][0][×][0][.][7][=]と入力しても計算できるので、パーセントキーを無理に使う必要はありません。

しかし、パーセントキーを使わない場合、○%を引いた数字(この例で言う0.7)は暗算で行うことになるので少し大変です。

もし「23.597パーセント引き」といった計算を行う場合はパーセントキーを使う必要があります。

パーセントキーを使わず、暗算も行わない代わりにメモリー機能を使って計算することもできます。

メモリー機能を代わりに使う場合、先程の例の計算は[1][-][0][.][3][M+][6][00][0][×][MR][=]と入力して計算します。

メモリー機能の使い方については「電卓のメモリー機能の使い方」で詳しく解説しています。

比率計算:□は○の何パーセントなのかは[□][÷][○][%]と入力する

□は○の何パーセントなのかを計算したいときにはパーセントキーを使うことができます。

例えば、100は2,000の何%かを求めるときには、[1][00][÷][2][00][0][%]と入力します。

パーセントキーを使わずに[1][00][÷][2][00][0][=]と入力することで小数での数値が求まるので、それに[×][1][00]と入力を加えることで全く同じ計算ができます。

しかし、パーセントキーを使うことでキー操作の回数を減らすことができるので便利です。

比率計算2:□は○の何パーセント増しなのかは[□][÷][○][%][-][1][00][=]と入力する

□は○の何%増しなのかを計算したいときにはパーセントキーを使うことができます。

例えば、3,000は2,000の何%増かを求めるときには、[3][00][0][÷][2][00][0][%][-][1][00][=]と入力します。

もし何%「引き」になっていたらマイナスの数値で表示されます。

パーセントキーを使わずに[3][00][0][÷][2][00][0][-][1][=]と入力することで小数での数値が求まるので、それに[×][1][00]と入力を加えることで全く同じ計算ができます。

しかし、パーセントキーを使うことでキー操作の回数を減らすことができるので便利です。

スポンサーリンク

【まとめ】パーセントキー(%)の5つの使い方

パーセントキー(%)は割合や割引、割増、比率などで百分率の計算をするときに使います。次の5つの使い方があります。

  • 6,000の30%を求めるときには、[6][00][0][×][30][%]と入力します。
  • 6,000の30%増しを求めるときには、[6][00][0][×][30][%][+][=]と入力します。
  • 6,000の30%引きを求めるときには、[6][00][0][×][30][%][-][=]と入力します。
  • 100は2,000の何%かを求めるときには、[1][00][÷][2][00][0][%]と入力します。
  • 3,000は2,000の何%増かを求めるときには、[3][00][0][÷][2][00][0][%][-][1][00][=]と入力します。

これらがパーセントキーの効率的な使い方です。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました