【簿記】8桁精算表の修正記入の書き方をわかりやすく

スポンサーリンク
  • 簿記の勉強をしていたら精算表が出てきたんだけど……
  • 精算表がどういうものなのか分からない
  • 精算表の作り方を教えて!

簿記の勉強をしていると、総合問題を中心に精算表がよく出てきます。精算表は本試験でよく出題されるので、精算表の出来具合が合否に直結するケースが非常に多いです。

私は簿記通信講座を2012年から運営してきて数百名の合格者をこれまでに送り出させていただきました。この経験から、精算表についても熟知しています。

この記事では精算表の記入の流れについて解説します。

この記事を読めば精算表をどのように記入していけばいいのかわかるので、簿記3級で出題される精算表の問題も解くことができるようになります。

結論を言うと、精算表は「試算表→決算整理→貸借対照表・損益計算書」の一連の流れをまとめたものです

スポンサーリンク

8桁精算表の記入の具体例

精算表については「1.簿記の基本原理」のところの「精算表」で決算整理仕訳がない形で解説しました(決算整理仕訳がない精算表を6桁精算表と言います)。

この記事では決算整理仕訳がある8桁精算表についてお伝えしていきます。

8桁精算表は次の流れで作成していきます。

精算表へ記入

精算表(決算整理仕訳あり)

このように残高試算表の数字を精算表に記入します。

決算整理仕訳を精算表に記入

ここでは「決算時に実際の現金が100円不足していたことが判明した」とします。

借方金額貸方金額
雑損100現金100
関連記事

現金過不足の仕訳については「現金過不足の取引と仕訳」で詳しく解説しています。

この仕訳が決算整理仕訳となるので、修正記入の欄に記入します。

精算表(決算整理仕訳あり)

損益計算書と貸借対照表に分類

精算表(決算整理仕訳あり)

修正記入欄に金額が記入されている場合は、必ず修正記入欄の金額を加減してから貸借対照表欄と損益計算書欄に記入しなければなりません。

当期純利益または当期純損失の記入および貸借を一致

精算表(決算整理仕訳あり)

8桁精算表の記入の流れはこのようになります。

スポンサーリンク

【まとめ】8桁精算表の修正記入の書き方

精算表は「試算表→決算整理→貸借対照表・損益計算書」の一連の流れをまとめたものです。決算整理仕訳を修正記入の欄に記入します。

修正記入欄に金額が記入されている場合は、修正記入欄の金額を加減してから貸借対照表欄と損益計算書欄に記入します。

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました