試算表の作成

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では総勘定元帳を元に作られる試算表について解説します。

試算表で総勘定元帳にミスがないことを確かめる

ミスなく総勘定元帳を作成することは極めて重要です。簿記の最大の目的は『企業の財政状態および経営成績を明らかにすること』でした。そして、企業の財政状態を明らかにするものが貸借対照表で、経営成績を明らかにするものが損益計算書でした。

貸借対照表損益計算書は総勘定元帳を元に作られます。このように考えると、総勘定元帳にミスがないことがどれだけ重要か分かると思います。

そこで総勘定元帳の正確さを確認するために試算表を作成します。仕訳の借方と貸方それぞれの合計金額は必ず一致します。ということは仕訳を元に作成した総勘定元帳の借方と貸方それぞれの合計金額も必ず一致します。

また、総勘定元帳を元に作成した試算表の借方と貸方それぞれの合計金額も一致します。この一致を確認することで総勘定元帳の記入が正確かどうかを確認するというわけです(一致しているから絶対正確だとは言い切れません。詳しくは試算表のミス発見能力をご覧下さい)。

試算表は期末には必ず作成しなければいけませんが、期末以外にも随時作成して構いません。細かく試算表を作成すればするほどミスを早く発見することができますが、その分手間がかかります。長所と短所を考えながら適度な間隔で試算表を作成します。

月次試算表の役割と使い方
試算表を作るタイミング

試算表は3種類ある

試算表には、合計試算表、残高試算表、合計残高試算表の3種類があります。

  • 合計試算表:総勘定元帳の各勘定の貸借それぞれの合計額を集計して作成
  • 残高試算表:合計試算表の各勘定の貸借差額を集計して作成
  • 合計残高試算表:合計試算表と残高試算表をまとめて作成

検定試験のとき、合計試算表と残高試算表を読み間違えると大変なことになるので、「合計」か「残高」か丁寧に見極めるようにしましょう。

3種類の試算表の具体例

総勘定元帳が次のようになっている場合の合計試算表、残高試算表、合計残高試算表は次のようになります。

総勘定元帳

合計試算表

合計試算表

合計試算表は上のようになります。

総勘定元帳の各勘定の借方合計を借方に貸方合計を貸方に記入します。

残高試算表

残高試算表

残高試算表は上のようになります。

合計試算表の借方合計と貸方合計の差額を記入します。

合計残高試算表

合計残高試算表

合計残高試算表は上のようになります。

合計試算表と残高試算表を組み合わせます。

このような感じで試算表は作成されます。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ