手形の決済の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では手形の決済の取引と仕訳について解説します。

手形の決済

手形に書かれた日付(決済期日)になったら、手形に書かれた金額が手形債務者の当座預金口座から引き出され、手形債権者の当座預金口座に振り込まれます。これを手形の決済と言います。手形の決済が行われると手形債務と手形債権が消滅します。

手形債務の支払いは現実問題として当座預金口座がなければできません。しかし、手形債権の受け取りは普通預金口座でもできるようです。検定試験では普通預金口座はまず出てこないので、決済は当座預金(または当座)勘定で処理します。

手形の決済の取引と仕訳

約束手形を回収した

「取立依頼をしてあったA商店振出の約束手形100,000円分が当座預金口座に振り込まれた旨の連絡を取引銀行より受けた」場合の仕訳について考えてみます。

手形を受け取ったら、通常ただちに取引銀行に取立依頼をします。取立依頼をすることで支払期日になったら記載金額が当座預金口座に振り込まれます(実際は所有している手形が不渡りになることもありますが、それは簿記2級で学習します)。

今回の取引は、まさにこの状況です。当座預金口座に振り込まれたので『(借)当座預金100,000』です。当座預金に現実に振り込まれたことで手形債権である受取手形が減少します。よって『(貸)受取手形100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 100,000 受取手形 100,000

約束手形に対して支払いをした

「かねて商品を仕入れた際に振り出したB商店宛の約束手形200,000円分の満期が到来し、当座預金口座から支払った旨の連絡を取引銀行より受けた」場合の仕訳について考えてみます。

振り出した手形が銀行に取立依頼されている場合(通常されています)、支払期日が到来したら当座預金口座から支払われます。そして、無事に支払が済んだと取引銀行から連絡があります。

今回の取引はこの状況に該当します。当座預金口座から支払ったので『(貸)当座預金200,000』です。当座預金から現実に振り込んだことで手形債務である支払手形が減少します。よって『(借)支払手形200,000』となります

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
支払手形 200,000 当座預金 200,000

為替手形を回収した

※為替手形は現在簿記1級の範囲になっています。

「かねて売掛金の代金として受け取っていたA商店振出、B商店引受の為替手形300,000円分が満期となり、当座預金口座に振り込まれた」場合の仕訳を考えてみます。

為替手形であっても、取立依頼から入金の流れは約束手形と変わりません。手形を受け取っているのであれば、約束手形も為替手形も受取手形勘定を使います。

当座預金口座に振り込まれたので『(借)当座預金300,000』です。当座預金に現実に振り込まれたことで手形債権である受取手形が減少します。よって『(貸)受取手形300,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
当座預金 300,000 受取手形 300,000

為替手形に対して支払をした

「かねて買掛金の支払として引受けていたA商店振出、B商店受取の為替手形400,000円分が満期が到来し、当座預金口座から支払った旨の連絡を取引銀行より受けた」場合の仕訳を考えてみます。

当座預金から支払っているので『(貸)当座預金400,000』となります。

次は借方です。今回は為替手形を引受けているので、手形債務が発生しています。この手形債務が支払いにより消滅するので『(借)支払手形400,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
支払手形 400,000 当座預金 400,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ