自己宛為替手形の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では自己指図為替手形に並んで、もう一つの特別な為替手形である自己宛為替手形について解説します。

自己宛為替手形

通常の為替手形

自己宛為替手形は、文字通り、自分が名宛人でもある為替手形です。通常の為替手形は図で書くと右上のような形になります。

自己宛為替手形は、この図の振出人と名宛人が同一人物になります。図で書くと右下のような形になります。

自己宛為替手形

自己宛為替手形を振り出す理由

自己宛為替手形はなぜ使われるのでしょうか。登場人物が二者なので、普通に約束手形を振り出せばいいとも言えそうです。しかし、自己宛為替手形を振り出すのにはきちんとした理由があります。その理由は「実際の支払者が距離的に遠い場合に手形を発行するため」です。

自分が地方の支店で、大きな金額の仕入を行った場合を考えてみましょう。この場合、自分が支払手形を発行しても自分の当座預金口座には残高が足りない可能性があります。ここは本店が支払を行う方が合理的です。

このような場合に自己宛為替手形を振り出します。自己宛為替手形を振り出すことで代金支払を本店に任せて営業活動を行うことができるのです。

自己宛為替手形の取引と仕訳

自己宛為替手形を振り出した

「A商店に対する買掛金600,000円分の支払のため、自己宛為替手形を振り出した」場合の仕訳について当社の仕訳を考えてみます。

「買掛金600,000円分の支払のため」為替手形を振り出したと例文にあります。この為替手形を振り出したということは、買掛金を支払うという目的が達成できたということです。買掛金を支払うということは買掛金が減少するということなので『(借)買掛金600,000』となります。

次は貸方です。「自己宛為替手形を振り出した」と例文にあります。自己宛為替手形では「振出人=名宛人」ですので、自分が名宛人となり自分が引き受けたということになります。よって、手形債務を負うので『(貸)支払手形600,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 600,000 支払手形 600,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ