固定資産の売却時の取引と仕訳

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。この記事では固定資産の売却時の取引と仕訳について解説します。

固定資産の売却(直接法)

必要がなくなった固定資産を売却したときは、その固定資産を帳簿から減らす仕訳を行います。

直接法では固定資産の金額は帳簿価額を表しています。なので、この帳簿価額を帳簿から減らせばいいということになります。

固定資産の売却(直接法)の取引と仕訳

建物の売却(帳簿価額より高く売った場合)

「建物帳簿価額400,000円(取得原価1,000,000円、減価償却累計額600,000円)を500,000円で期首に売却し、代金は月末に受け取ることにした(直接法)」場合の仕訳について考えてみます。

この建物は売却と同時になくなるので、帳簿からもなくしてしまわなければなりません。直接法で記帳されているので、帳簿の借方の金額は帳簿価額のはずです。なので、この帳簿価額を貸方に記入して、帳簿からなくしてしまいます。よって『(貸)建物400,000』となります。

また、500,000円を月末で受け取るので、『(借)未収金500,000』です。商品を売ったわけではないので売掛金勘定は使えません

このままでは借方と貸方の合計が一致しません。では、この差額は何を意味しているのでしょうか。

帳簿価額が400,000円のものを500,000円で売ることができたということは、この差額100,000円は収益です。100,000円儲かったと考えられます。この収益を固定資産売却益という収益の勘定を使います。よって『(貸)固定資産売却益100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未収金 500,000 建物
固定資産売却益
400,000
100,000

建物の売却(帳簿価額より安く売った場合)

「建物帳簿価額400,000円(取得原価1,000,000円、減価償却累計額600,000円)を300,000円で期首に売却し、代金は月末に受け取ることにした(直接法)」ときの仕訳について考えてみます。

この建物は売却と同時になくなるので、帳簿からもなくしてしまわなければなりません。直接法で記帳されているので、帳簿の借方の金額は帳簿価額のはずです。なので、この帳簿価額を貸方に記入して、帳簿からなくしてしまいます。よって『(貸)建物400,000』となります。

また、300,000円を月末で受け取るので、『(借)未収金300,000』です。商品を売ったわけではないので売掛金勘定は使えません。

このままでは借方と貸方の合計が一致しません。では、この差額は何を意味しているのでしょうか。

帳簿価額が400,000円のものを300,000円で売ったということは、この差額100,000円は損失です。100,000円損したと考えられます。この損失を固定資産売却損という費用の勘定を使います。よって『(借)固定資産売却損100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
未収金
固定資産売却損
300,000
100,000
建物 400,000

固定資産の売却(間接法)

必要がなくなった固定資産を売却したときは、その固定資産を帳簿から減らす仕訳を行います。帳簿価額を帳簿から減らせばいいということになります。

間接法では固定資産の金額は取得原価を表し、減価償却累計額は過去の減価償却費の合計を表しています。『帳簿価額=取得原価-減価償却累計額』なので、帳簿価額を帳簿から減らすためには、取得原価と減価償却累計額を両方とも減らさなければなりません。

ちなみに減価償却累計額勘定は貸方残高なので、消すときには借方に記入します。

固定資産の売却(間接法)の取引と仕訳

建物の売却(帳簿価額より高く売った場合)

「建物帳簿価額400,000円(取得原価1,000,000円、減価償却累計額600,000円)を500,000円で期首に売却し、代金は月末に受け取ることにした(間接法)」場合の仕訳について考えてみます。

この建物は売却と同時になくなるので、帳簿からもなくしてしまわなければなりません。間接法で記帳されているので、帳簿の借方には取得原価、貸方には減価償却累計額が記帳されています。

なので、取得原価を貸方に、減価償却累計額を借方に記入して、帳簿からなくしてしまいます。よって『(貸)建物1,000,000』『(借)減価償却累計額600,000』となります。

また、500,000円を月末で受け取るので、『(借)未収金500,000』です。商品を売ったわけではないので売掛金勘定は使えません。

このままでは借方と貸方の合計が一致しません。では、この差額は何を意味しているのでしょうか。

帳簿価額が400,000円のものを500,000円で売ることができたということは、この差額100,000円は収益です。100,000円儲かったと考えられます。この収益を固定資産売却益という収益の勘定を使います。よって『(貸)固定資産売却益100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額
未収金
600,000
500,000
建物
固定資産売却益
1,000,000
100,000

建物の売却(帳簿価額より安く売った場合)

「建物帳簿価額400,000円(取得原価1,000,000円、減価償却累計額600,000円)を300,000円で期首に売却し、代金は月末に受け取ることにした(間接法)」場合の仕訳について考えてみます。

この建物は売却と同時になくなるので、帳簿からもなくしてしまわなければなりません。間接法で記帳されているので、帳簿の借方には取得原価、貸方には減価償却累計額が記帳されています。

なので、取得原価を貸方に、減価償却累計額を借方に記入して、帳簿からなくしてしまいます。よって『(貸)建物1,000,000』『(借)減価償却累計額600,000』となります。

また、300,000円を月末で受け取るので、『(借)未収金300,000』です。商品を売ったわけではないので売掛金勘定は使えません。

このままでは借方と貸方の合計が一致しません。では、この差額は何を意味しているのでしょうか。

帳簿価額が400,000円のものを300,000円で売ったということは、この差額100,000円は損失です。100,000円損したと考えられます。この損失を固定資産売却損という費用の勘定を使います。よって『(借)固定資産売却損100,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方 金額 貸方 金額
減価償却累計額
未収金
固定資産売却損
600,000
300,000
100,000
建物 1,000,000

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:, ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ