仕訳の代表例

Pocket

こんにちは、簿記合格請負人の平野です。仕訳のルールでは、取引の8要素(10要素)について解説しました。今回は、取引を具体的に仕訳にして考えてみます。

仕訳の具体例

仕訳は借方と貸方のセットなので取引の8要素(10要素)から考えると、次の25パターンがあることになります。

借方/貸方 資産の減少 負債の増加 資本の増加 費用の減少 収益の発生
資産の増加 1 2 3 4 5
負債の減少 6 7 8 9 10
資本の減少 11 12 13 14 15
費用の発生 16 17 18 19 20
収益の減少 21 22 23 24 25

しかし、25パターン全ての組み合わせがまんべんなく出てくるわけではありません。25パターンの中で、よく出てくる組み合わせは限られているのです。よく出てくるのは、次の6つです。

借方 貸方
資産の増加 資産の減少
資産の増加 負債の増加
資産の増加 資本の増加
資産の増加 収益の発生
負債の減少 資産の減少
費用の発生 資産の減少

ここで、注目してほしいところがあります。6つの組み合わせがありますが、6つの組み合わせのうち全てに資産の増減が関係しているのです。つまり、資産に注目して仕訳を考えれば、ほとんどの仕訳はおさえることができるということなのです。

もちろん、資産以外のグループもきちんと覚えなければいけませんし、理解しなければいけません。しかし、仕訳を考えるときは、まず資産に注目することが仕訳を簡単に考えるコツなのです。

まず資産に注目するという考え方はかなり効率がいい仕訳の考え方なので身につけておいてください。

仕訳は資産から考えてみるのです。「財産は増減したか」「債権は増減したか」と考えてみるのです。

では、一つ一つ具体例を見ていきましょう。

よくある仕訳の例1~(借)資産の増加/(貸)資産の減少~

資産同士の組み合わせである『(借)資産の増加/(貸)資産の減少』について考えてみます。『(借)資産の増加/(貸)資産の減少』のパターンの中でもいくつかの例があります。

財産の購入

建物や備品などの財産を購入する場合です。何かを購入するためには、当然対価を支払わなければなりません。その対価である資産が減少し、代わりに購入した資産が増加します。

(例)備品300,000円を現金で購入した。

借方 金額 貸方 金額
備品 300,000 現金 300,000

投資

余ったお金を運用するためにお金を貸し付けたりする場合です。貸し付けるお金である資産が減少し、お金の返済を請求する権利である資産が増加します。

(例)500,000円を資産運用のため貸し付けた。

借方 金額 貸方 金額
貸付金 500,000 現金 500,000

債権の回収

お金などを請求できる権利を債権といいます。権利を行使して、債権を形ある財産で回収します。債権の例としては、売掛金(売上代金のツケ)などがあります。

債権を行使して形ある財産を受け取ると、その債権は消滅します。お金を返してもらったら、もう返せという権利はなくなるということです。債権という資産が減少し、財産という資産が増加します。

(例)売掛金のうち、400,000円を現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 400,000 売掛金 400,000

『(借)資産の増加/(貸)資産の減少』に関しては「財産の購入」「投資」「債権の回収」をしっかりと理解しておきましょう。

よくある仕訳の例2~(借)資産の増加/(貸)負債の増加~

借金をする

事業を行っていくために、銀行などからお金を借りることがあります。お金を借りる場合、お金を借りることで現金などの資産が増加しますが、将来返さなければならない負債も増加します。

(例)銀行から現金700,000円を借り入れた。

借方 金額 貸方 金額
現金 700,000 借入金 700,000

『(借)資産の増加/(貸)負債の増加』の例については借金だけおさえておけば現時点では十分です。

よくある仕訳の例3~(借)資産の増加/(貸)資本の増加~

元入れ(出資)

元入れとは出資のことです。自分で自分の企業に資金を提供し、事業を行います。株式会社などでは他人から出資してもらうことも多いのですが、簿記3級では個人商店を想定しているので他人からの出資はまずありえません。

出資の場合、負債の場合と違って返済の義務はありません。返済の義務がない場合、資本と考えます。

元入れを行うことで、現金などの資産が増加します。現金などの資産の増加にともなって返済の義務がない資本も増加します。

(例)現金800,000円を元入れし、開業した。

借方 金額 貸方 金額
現金 800,000 資本金 800,000

『(借)資産の増加/(貸)資本の増加』の例については元入れ(出資)だけおさえておけば現時点では十分です。

よくある仕訳の例4~(借)資産の増加/(貸)収益の発生~

商品の売上

企業は何らかの営利活動を行っています。当然、商品やサービスを提供し、その対価を受け取るという活動を行っているわけです。この際、必ず売上が発生します。ちなみに、通常は売上は商品やサービスの引渡しが行われたときに計上します。

売上を計上することで、収益が発生します。収益が増加すると同時に、現金などの財産や売掛金などの債権を手に入れることになります。当然債権の入手は資産の増加です。

(例)商品を600,000円で売上げ、代金を現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 600,000 売上 600,000

(例)商品を400,000円で売上げ、代金を掛とした。

借方 金額 貸方 金額
売掛金 400,000 売上 400,000

受取手数料や受取利息などの受取

企業が活動を行っていく上で、本業とは関係ないところで収益を得ることがあります。銀行に資金を預け入れていた場合に受け取る「受取利息」、他社の販売を代行したりした場合に受け取る「受取手数料」などがあります。

利息や手数料を受け取っている時点で、当然収益が発生します。収益が増加すると同時に、現金などの財産や売掛金などの債権を手に入れることになります。当然債権の入手は資産の増加です。

(例)受取手数料50,000円を現金で受け取った。

借方 金額 貸方 金額
現金 50,000 受取手数料 50,000

ここで例として上げていない収益の勘定科目に関しても同様の考え方で問題ありません。

よくある仕訳の例5~(借)負債の減少/(貸)資産の減少~

借金の返済

企業がお金を借りた場合、いつか返さなければなりません。返済の際、持っているお金を相手に返すため、現金などの資産が減少します。資産の減少に伴い、借金を返すことで、借金を返済する義務もなくなります。当然負債の減少となります。

(例)借入金400,000円を現金で返済した。

借方 金額 貸方 金額
借入金 400,000 現金 400,000

買掛金の支払い

企業が仕入を行った場合、ツケで買うことがあります。ツケで買う場合のツケを買掛金と言いますが、買掛金も将来払わなければいけないので、負債の一種になります。

負債を支払う際には持っているお金を相手に渡すため、現金などの資産が減少します。資産の減少に伴い、将来支払う義務もなくなるため、負債も減少します。

(例)買掛金500,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
買掛金 500,000 現金 500,000

『(借)負債の減少/(貸)資産の減少』の例については「借金の返済」と「買掛金の支払い」だけおさえておけば現時点では十分です。

よくある仕訳の例6~(借)費用の発生/(貸)資産の減少~

商品の仕入

企業は何らかの営利活動を行っています。その際、企業が何らかの商品を仕入れるのはごく自然なことといえます。商品を仕入れるとき、必ず費用が発生します。費用とは収益を得るために費やした額のことです。費用の代表例が、仕入になります。

仕入を行うことで費用が発生します。費用の発生と同時に現金などの資産を相手に支払うことで、資産が減少します。

(例)商品300,000円を仕入れ、代金は現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
仕入 300,000 現金 300,000

給料の支払い

企業が収益を得るために費やした額は仕入れだけではありません。給料もそのうちの一つです。普通は給料というと受け取るものですが、簿記は企業の立場から見たものなので支払うものになります。給料という費用が発生し、給料を支払うことで資産が減少します。

(例)給料200,000円を現金で支払った。

借方 金額 貸方 金額
給料 200,000 現金 200,000

費用の例は他にもいろいろありますが、考え方は同じです。考え方をまずはしっかりと理解してください。

メルマガ登録フォーム

簿記革命メルマガ「簿記革命通信~簿記1級にラクラク合格する方法~」の登録フォームです。



お名前(名字のみ漢字でお願いします)

メールアドレス

Pocket

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ページトップへ