保険料という勘定科目の使い方

簿記3級
スポンサーリンク
保険料という勘定科目の使い方を知りたい人
保険料という勘定科目の使い方を知りたい人

保険料っていう勘定科目はどういうときに使うのかな。やっぱり保険料を支払ったときかな。保険料っている勘定科目について知りたいな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

保険料という勘定科目の使い方

企業は経営活動を行っていく上で、様々な保険に入っています。事務所は火災保険や地震保険に入っていますし、事業用の車両には自動車保険に入っています。

こういった保険料を支払ったときには保険料という勘定科目を使います。

「保険料」ではなく「支払保険料」という勘定科目を使っても構いません。ただ、支払保険料を使う場合の目的は「受取保険料と区別するため」です。たいていの企業は保険料を受け取ることはないので、支払保険料という勘定科目を使う必要はないと言えます。

保険料の例として次のようなものがあります。

  • 火災保険料
  • 運送保険料
  • 盗難保険料
  • 損害保険料
  • 生命保険料(会社が受取人の場合)
スポンサーリンク

保険料と間違えやすいもの

間違って保険料として処理してしまいやすいものに次のようなものがあります。

工場の建物や備品や機械にかけた保険料

工場の建物や備品や機械にかけた保険料は経費として製造原価に算入します。保険料として処理するのは生産設備以外のものにかけた保険です。

生命保険料(従業員の家族が受取人の場合)

同じ生命保険であっても、保険金の受け取りが従業員の家族であった場合は、その保険料は給料とみなされます。受け取るのが従業員の家族であれば、それは従業員に報酬を払っているのと同じことだからです。

スポンサーリンク

保険料の仕訳

火災保険料の支払い

「本社ビルに保険をかけ、その保険料300,000円を現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。

現金300,000円を支払っているので、『(貸)現金300,000』となります。また、本社ビルの保険料300,000円の支払いなので『(借)保険料300,000』となります。

まとめると、次のようになります。

借方金額貸方金額
保険料300,000現金300,000

コメント

タイトルとURLをコピーしました