立替金の仕訳

スポンサーリンク
立替金の仕訳について知りたい人
立替金の仕訳について知りたい人

簿記を勉強していると立替金っていう勘定科目が出てくるけど、立替金って何なのかな。

こういった疑問に答えます。

ちなみに、この記事を書いている私は日商簿記に合格するための通信講座を2012年から運営し、これまでに数百人の合格者を送り出させていただいています。もちろん私自身も簿記1級に合格しています。こういった私が解説していきます。

スポンサーリンク

立替金

取引先や従業員などに対して一時的に支払いを立て替えるときがあります。その際には立替金勘定を使います。

立て替えるとは、本来は自分が払う必要はないけれど、本来支払わなければならない人がその場にいない場合にとりあえず自分が支払っておくことです。

当然、その立替分は本来支払わなければならない人に請求することになります。よって立替金勘定は請求する権利なので資産の勘定となります。

スポンサーリンク

立替金の仕訳

従業員の保険料を立て替えた

「従業員の個人的な生命保険料10,000円分を現金で立て替えて支払った」場合の仕訳をについて考えてみましょう。

現金で支払っているので、『(貸)現金10,000』となります。

問題は借方です。生命保険料は本来は従業員自身が支払わなければならないものです。企業が支払うものではありません。

しかし、支払う義務がある従業員に持ち合わせがなかったかその場にいなかったのでしょう。企業が立て替えて払っています。そのため、立替金勘定で処理します。

立替金は本来支払わなければならない人に請求する権利なので資産の勘定になります。資産の増加は借方に記入するので、『(借)立替金10,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
立替金10,000現金10,000

立替金を差し引いて給料を支払った

「従業員に対する給料150,000円から、立替払いしていた10,000円を差し引いて残り140,000円を現金で支払った」場合の仕訳を考えてみましょう。上記の取引の続きになります。

費用である給料を150,000円支払うので、『(借)給料150,000』となります。また140,000円の現金を支払っているので『(貸)現金140,000』です。

この差額の10,000円は過去に立替払いしたものです。立替金を天引きして給料を支払っているのです。立替金は精算されることになるので、立て替えた分を請求する権利はなくなります。よって『(貸)立替金10,000』となります。

まとめると次のようになります。

借方金額貸方金額
給料150,000現金
立替金
140,000
10,000

ちなみに、まず給料を全額現金で支払って次の仕訳を切ったとします。

借方金額貸方金額
給料150,000現金150,000

そしてその直後に立替金を現金で受け取って次の仕訳を切ったとします。

借方金額貸方金額
現金10,000立替金10,000

最後に2つの仕訳をまとめると次の仕訳になります。

借方金額貸方金額
給料150,000現金
立替金
140,000
10,000

2つの仕訳は同じになりますが、取引の実態が同じなので仕訳も同じになります。

関連記事
簿記3級
スポンサーリンク
スポンサーリンク
平野をフォローする
スポンサーリンク
暗記不要の簿記独学講座

コメント

タイトルとURLをコピーしました